« 拡がる光 | トップページ | とっておきのスポット情報投稿サイト「日本再発見。~もう一度日本を見つけよう~」 »

2011年7月12日

育休生活で得られた新たな視点

日経トレンディネットに、実際に育児休業を取得したイクメン(子育てに積極的に関わる男性)へのインタビュー記事が掲載されています。

「準備は?職場の反応は?
 ――イクメン、育休生活で得られた新たな視点」

この記事を読んで、私が特に共感したのは、以下の2点です。

  • 自分が住む地域に、おじいさんやおばあさん、子どもを連れたおかあさんなど、たくさんの人がいることも、育休を取得してはじめて実感した。
  • 普段から「育児休暇を取りそうなタイプだ」と周囲に思われていることが重要だ。

この気付きって、育児休暇を取得した男性だけに限らないことだと思います。女性にとっても同じ。自分が子どもを持ってから、実感したことだったりします。

関連情報へのリンク

« 拡がる光 | トップページ | とっておきのスポット情報投稿サイト「日本再発見。~もう一度日本を見つけよう~」 »

コメント

遅ればせながらではありますが。
夫の経験談の記事を取り上げていただいてありがとうございます。

もともと家事も育児も私と同じくらいにやる人ですが、育休はいろんな気づきがあったようです。
あと、取材を受ける機会があったのもいい振り返りになったようでした。

★keimiemomさん
気付きと振り返りの機会になったとのこと。よかったですね(^^)
ワーキングマザーとか、イクメンとか、こういった言葉たちが役目を果たし、いつの日か、使われなくなるといいなぁって、私は考えています。日経トレンディネットの記事を読んで、男性の視点から、いろいろ考えさせられました。
コメント、ありがとうございました!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 育休生活で得られた新たな視点:

« 拡がる光 | トップページ | とっておきのスポット情報投稿サイト「日本再発見。~もう一度日本を見つけよう~」 »

最近の本棚

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005