« 今年の最も素敵なお父さんは? | トップページ | 日立製作所、夏の節電期間における育児・介護中の社員の支援施策を決定 »

2011年6月 9日

「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展

Rimg1221s

光と、闇と、レンブラント。
「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」を観に行ってきました。

art レンブラント 光の探求/闇の誘惑
  —版画と絵画 天才が極めた明暗表現—

Rimg1236s

会場は、東京・上野の国立西洋美術館。

所用のため、お仕事は午後半休。用事に向かう前の時間帯を使って鑑賞に出かけました。

レンブラント展で一番印象に残った場所は、
展示室前のこの空間(↓)。

Rimg1246s

ハッとして、立ち止ってしまいました。

光をうまく使っているなぁ。。。

展示を見る前に、かなり、感動しました。

スタッフのお兄様に確認したら、
ここまでは、写真撮影OKとのことでした。

Rimg1248s

音声ガイドを借りて、展示室へと向かいました。

◆第2セクション
  「淡い色の紙:レンブラントの和紙刷り版画」

レンブラント・ファン・レインは、17世紀を代表するオランダの画家です。正直いって、私、ほとんど、レンブラントのことを知りません。そんな私が、レンブラント展を観に行ったのは、作品が印刷されている紙に興味をもったから。この日、私が観たかったのは、作品が印刷されている「和紙」。

レンブラントが、和紙を好んで使ったことを、下調べの中で知ったからです。風合いの異なる複数の紙に印刷された作品を、並べてみることができる。このことに、なぜかひかれて、レンブラント展に行ってみようと考えたのでした。

Rimg1250s

ですので、第2セクションの「淡い色の紙:レンブラントの和紙刷り版画」は、見ごたえがありました。レンブラントが活躍した時代は、布から作られた紙が主流の時代だったとのこと。とくに和紙は高級品だったのだそうです。「イタリア風景の中の聖ヒエロニムス」という作品は、3つ、並んで展示されていました。和紙とオートミール紙と西洋紙の3種類の紙に印刷されているのだそうです。普段は、アムステルダムとパリの、別々の美術館に展示されているとのこと。並べてみれるのって、貴重なんですね。

レンブラントは繊細な版画の明暗表現のために、普通の紙のほかに、子牛の皮を使ったヴェラムや和紙も買い求めました。中でも和紙の1つである「雁皮紙(がんぴし)」は少ない圧力で銅版のインクを写し取ることができ、発色性に優れていたため、レンブラントが版画作品によく用いました。雁皮紙の表面がなめらかで、真っ白ではなく淡い風合いの色がついていたこともレンブラントの心を捉えたようで、これらの紙を使って様々な明暗のグラデーションに挑戦しました。

引用元: レンブラントとその作品 - レンブラント 光の探求/闇の誘惑 —版画と絵画 天才が極めた明暗表現—

◆第1セクション
 「黒い版画:レンブラントと黒の諧調表現」

Img_1768s

私がレンブラント展に行ったのは6月7日の午後。レンブラント展は、会期末が近いこともあってか、かなり混雑していました。とくに、展示室入ってすぐの第1セクションは、かなりの混雑。エッチングの引っ掻き具合とか、細かな部分を見たいなぁとか思うと、作品がそれほど大きくないので、結構、待たなければなりませんでした。

奥に進むにつれ、混雑は解消傾向にありました。しかしながら、第1セクションでは、押されたり、割り込まれたりして、正直いって、相当疲れました。。。

展覧会、観に行くなら、やっぱり午前中のすいている時間帯がいいんだろうなぁ、と、再認識しました。

◆国立西洋美術館は広かった。。。

レンブラント展のチケットで、常設展も見れます。当日そのことを知った私。国立西洋美術館に行くのは初めてだったので、常設展もざっと見てみようと考えました。これが、甘かった。。。国立西洋美術館は、とっても広かったのです。所用のため、次の目的地に向かわないといけないのに、出口がとっても遠くて焦りましたsweat01

その途中で見つけた、クロード・モネの「黄色いアイリス」「睡蓮」、フィンセント・ファン・ゴッホの「ばら」がとっても良かったです。うーん、私は、こんな感じの作品が好きなのね。

◆iPhoneユーザなら

iPhoneユーザなら、国立西洋美術館に行く前に、iPhoneアプリ「TOUCH THE MUSEUM」(無料)をダウンロードしておくといいかも。常設展示されている作品を何点か、音声ガイドしてくれるから。

Img_1783s

常設展の入口で、このiPhoneアプリに気付いた私。20MBを超えているとかのメッセージが表示され、WiFi環境でダウンロードするようにと、iPhoneから勧められてしまいました(^^;

自宅に帰ってきて、夜、ダウンロードしてみましたが、これがなかなか!素人な私には十分なくらいの、ガイド情報を提供してれるアプリでした。「睡蓮」と「ばら」の解説もありました!これ、無料でいいんですかと思ってしまうくらい、クオリティは高いです。

ふりかえってみると、この日は、私が好きな作品、好きな雰囲気はこんな感じ、を、自分が認識する機会だったのかも。ね。

art レンブラント 光の探求/闇の誘惑
  —版画と絵画 天才が極めた明暗表現—
 会期: 2011年3月12日(土)~6月12日(日)
 場所: 国立西洋美術館(東京・上野公園)
 URL: http://www.ntv.co.jp/rembrandt/
 twitter: http://twitter.com/nitterembrandt 

 巡回: 名古屋展
  会期: 2011年6月25日(土)~ 9月4日(日)
  場所: 名古屋市美術館

pencil 関連情報へのリンク

« 今年の最も素敵なお父さんは? | トップページ | 日立製作所、夏の節電期間における育児・介護中の社員の支援施策を決定 »

コメント

こんにちは。
私も、ブログ東京西洋美術館の「レンブラント、光と、闇と、」の美術展が行ましたので、起用見深く記事を読ませていただきました。

私も以前来日したレンブラントの作品も含めてレンブラントの芸術について書いてみました。よろしかったら読んでみてください。

どんなことでも結構ですから、ブログにコメントなどをいただけると感謝致します。

★dezireさん
コメント、ありがとうございました。
返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい。
dezireさんのブログの記事を、読ませていただきました。もう一度、レンブラント展に行ったような気持ちになりました。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/51893062

この記事へのトラックバック一覧です: 「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展:

» 国立西洋美術館で「光と、闇と、レンブラント。」展を観た! [とんとん・にっき]
「光と、闇と、レンブラント。」展、チラシ2種 「光と、闇と、レンブラント。」展、案内板 国立西洋美術館で「光と、闇と、レンブラント。」展を観てきました。僕が行ったのは4月5日でした。その後、「オランダ・ベルギー・ルクセンブルク」へのツアーに行ったり、熊... [続きを読む]

» レンブラントー光の探求/闇の誘惑 @国立西洋美術館 [Art & Bell by Tora]
 今回のような地震・津波・原発破損という大災害が起ると、世の中全体が暗くなり、自分の行動も控えめになる。しかしそれでは日本経済が先細りになってしまう。大分暖かくなってきたので、家内と一緒に上野に出かけた。 上野は桜が満開↑。パンダも公開され、人出は多いのだが、大震災の影響でなんとなく静かである。文化会館の前のバンドの演奏↓も鎮魂曲。 家内は芸大の「香りかぐわしき名宝展」に行くとのことで、西洋美術館の前庭で別れた。そこの桜は、八重で紅白の花をつけている。 あちこちの展覧会が中止になっている。今回のよう... [続きを読む]

» 「レンブラント展」 [弐代目・青い日記帳 ]
国立西洋美術館で開催中の 「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展に行って来ました。 展覧会公式サイト いきなりですが、以下の2つの作品をまずはご覧あれ。 レンブラント・ファン・レイン(1606-69) 「三本の十字架」 第3ステート、1653年 大英博物館/#9426;The Trustees of the British Museum レンブラント・ファン・レイン(1606-69) 「三本の十字架」 第4ステート、1653年 アムステルダ... [続きを読む]

« 今年の最も素敵なお父さんは? | トップページ | 日立製作所、夏の節電期間における育児・介護中の社員の支援施策を決定 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談