« 「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展 | トップページ | [東日本大震災]2011年3月11日徒歩帰宅。つぶやきの記録と、ツイッターに助けられたこと。 »

2011年6月11日

日立製作所、夏の節電期間における育児・介護中の社員の支援施策を決定

日立製作所は、休日輪番、夏季休暇取得の分散といった今夏の節電施策に関連し、社員支援の取組みを決めたのだそうです。今回の社員支援の取組みは、以下の3つとのこと。

  1. 育児・介護施設などの費用補助
  2. 事業所内臨時託児所の設置
  3. 在宅勤務・フレックスタイム制勤務制度や育児・介護休暇制度の活用促進

情報源は、以下のプレスリリースです。

clip 夏期の節電施策実施期間における育児・介護中の社員の支援施策について - ニュースリリース - 日立(2011年6月8日)

日立製作所は、厚生労働省の「仕事と生活の調和プロジェクト」参画企業です。ワーク・ライフ・バランスの先進企業だと思います。同じ業界の他の企業のお手本となるように、よい流れを作ってほしいな。

clip 厚生労働省-仕事と生活の調和推進プロジェクト
  ・ 参画企業10社の主な取り組み

Img2011061101 Img2011061102

日立製作所が決定した、社員支援策の一つめは費用補助。サービス・施設の利用料として、1人1日1万円。入会金は2万円、年会費は1万円を上限に、費用を補助して頂けるとのこと。入会金と年会費も補助と、というところがいいですね。節電施策で就業日が土日に変更になった場合に、助かるかも。

土日に利用できるサービス・施設が少ない場合、労働組合と会社が協力して、臨時の事業所内託児所を設けるのだとか。詳しくは、以下のプレスリリースに書かれています。

いいんじゃない?!と思ったのは3つめの社員支援策。節電施策のため、ということではなさそうですが、
1日単位で何回でも使える「在宅勤務制度」
1日単位で分割取得できる「育児介護休職制度」
って、ありがたいかも。分割取得、何回でも、は魅力的。

こういった支援策が充実していれば、夏の消費電力を平準化させることを目的に、休日輪番することになったときに、預け先がないから休みます。ということにはなりにくいんじゃないかと思いました。

時事ドットコムの記事(2011年06月08日)によれば、「日立はこれらの施策を実施するため、最大3億円の予算を組んでいる。」のだとか(^^; 手厚い社員支援策には、相応のお金が必要なのですね。どの会社にもできる施策ではないと考えますが、子育て中の保護者の「困った」を解決する取組みの参考にはなるんじゃないかと、私は思いました。

pencil 関連情報へのリンク

« 「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展 | トップページ | [東日本大震災]2011年3月11日徒歩帰宅。つぶやきの記録と、ツイッターに助けられたこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/51909820

この記事へのトラックバック一覧です: 日立製作所、夏の節電期間における育児・介護中の社員の支援施策を決定:

« 「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展 | トップページ | [東日本大震災]2011年3月11日徒歩帰宅。つぶやきの記録と、ツイッターに助けられたこと。 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談