« 「キヤノンキッズパーク2011」受付スタート! | トップページ | 放射能の影響で女児の出生数が減少? »

2011年6月 2日

合計特殊出生率が再び上昇、1.39に

平成22年度の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に出産する子供数の推計値)がは、前の年から0.02ポイント上昇して、1.39になったそうです。厚生労働省によれば、今回の上昇は、晩婚化が進んだ30代後半の団塊ジュニアを中心に出生数が増加したことや、第2子以上の出産が増えたためとのこと。

Img2011060201

このグラフは、「平成22年人口動態統計月報年計(概数)の概況」に載っています。この資料によれば、平成22年は、第1子の出産が減少、第2子、第3子以上の出産が増加したのだとか。この理由もあわせて書かれているといいのにな。

「平成22年人口動態統計月報年計(概数)の概況」には、生まれてくる命の他に、消えていく命のことも書かれています。ちょっと見てみました。

気になったのは、悪性新生物の主な部位別死亡率の年次推移のグラフ。最近の50年で、グッと右肩上がりになっている線がいくつかあります。男性は肺、女性は大腸が1位です。女性は乳がん増えているということかな。目で見て理解できました。

Img2011060202

pencil 関連情報へのリンク

« 「キヤノンキッズパーク2011」受付スタート! | トップページ | 放射能の影響で女児の出生数が減少? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/51840922

この記事へのトラックバック一覧です: 合計特殊出生率が再び上昇、1.39に:

« 「キヤノンキッズパーク2011」受付スタート! | トップページ | 放射能の影響で女児の出生数が減少? »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談