« 神田明神に桜を見に行きました。 | トップページ | 野の花を見に。子どもの頃、遊んだ場所へ。 »

2011年4月15日

子ども手当は引き続き支給されます(平成23年4月から9月まで)

Img2011041601

国民生活等の混乱を回避するための「つなぎ法案」は、先月末に可決されています。平成23年度の子ども手当について、改めて、以下にまとめておきますね。

平成23年度の子ども手当に関する情報は、厚生労働省のWebサイトで入手できます。

clip 平成23年度子ども手当
  厚生労働省:子ども手当について

Img2011041602

◆平成23年度子ども手当の概要
  (平成23年4月から9月まで)

平成23年3月31日に、子ども手当の「つなぎ法案」(「国民生活等の混乱を回避するための平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律」)が参院本会議で可決され、成立しました。
これにより、平成23年4月から9月までの6ヶ月は、平成22年度と同じく、子ども1人につき月額13,000円が支給されます。支給月は、6月と10月の2回です。

  • 支給金額
    子ども1人につき 月額 13,000円
  • 支給対象となる子ども
    0歳から中学校卒業まで
    (0歳から15歳になった後の
     最初の3月31日まで)
  • 支給月
    平成23年 6月(平成23年2月分~5月分)
    平成23年10月(平成23年6月分~9月分)
  • 現況届
    平成23年6月の現況届は提出不要

平成22年度に子ども手当を頂いていて、支給対象となる子どもの数に変更がない場合は、手続きは必要ないそうです。

つなぎ法案の詳細は、下記リンクからたどれます。

clip 衆法 第177回国会 3 国民生活等の混乱を回避するための平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律案 - 衆議院

「復興」ではなく「福興」という言葉を、見かけました。こんな感じで、言葉の持つ力を使うのもいいな。

「福興」とは街の再現を意味する「復興」ではなく、東日本大震災を経て改めて追い求める「幸福の新しい形」を被災者たちとともに考え、デザインし、分かち合うことを意味する造語。
引用元: ナタリー(2011年04月15日)

他の記事でも書きましたが、今は、東北地方太平洋沖地震の復興に、国民が納めた税金が、ちゃんと使われてほしいな、という気持ちが強いです。今までのやり方、いつものやり方では、適さないと思うから、政府には、うまい舵取りを期待したいところです。

P.S.
仕事上、税制改正法案の行方が、気になります。成立時期、可決された場合/否決された場合を考慮し、対応しています。変化にすばやく対応できるかを、試されているようです(^^;

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

« 神田明神に桜を見に行きました。 | トップページ | 野の花を見に。子どもの頃、遊んだ場所へ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/51399917

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当は引き続き支給されます(平成23年4月から9月まで):

« 神田明神に桜を見に行きました。 | トップページ | 野の花を見に。子どもの頃、遊んだ場所へ。 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談