« 子育てへの不安感や否定的な感情が、母親の就業状況によって異なるらしい件 | トップページ | 厚生労働省、ツイッターによる情報発信を開始 »

2010年9月 7日

保育所待機児童数、3年連続増加

厚生労働省のWebサイトに、4月1日現在の保育所待機児童数が掲載されました。保育所への入所を希望しているにもかかわらず、保育所に空きがなく入所できない子どもの数(保育所待機児童数)は、3年連続で増加したとのこと。増加したものの、増加幅は少なくなっているようです。昨年は前年比で5,834人増だったのですが、定員が増えたために、今年は891人増にとどまっているのだとか。

保育所待機児童数の推移は、以下のとおり。

Img2010090701

グラフの出典: 厚生労働省:保育所関連状況取りまとめ(平成22年4月1日)

0~2歳児の待機児童が多い傾向には、変化なし。今回の調査でも、待機児童全体の82%を占めています。

働きたい保護者が増加しているということですね。

下の子の入園のとき、1ヶ月だけでしたが、待機児童を経験したことがあります。あの1ヶ月間は、相当、しんどいものでした。いろんな選択肢を考えて、いろんな預け先を考えました。育児休職中だったのですが、休めた記憶がまったくありません。

「保育園に空きがなくても、休み明けで、働き始める準備を始めた方がいいよ」って、保育園の先生にアドバイスを頂いたり。「保育園以外にも預け先はありますよ」って、行きつけの美容室のお姉さんにヒントをもらったりしたことも。

この調査結果は、毎年見てきています。働く理由は人それぞれだと思いますが、保育園を利用したい女性が増加している傾向はあるようです。保育園の整備がそれに追いついていないのは、相変わらずの傾向なのですが、改善されてきているように思いました。

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

« 子育てへの不安感や否定的な感情が、母親の就業状況によって異なるらしい件 | トップページ | 厚生労働省、ツイッターによる情報発信を開始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/49376039

この記事へのトラックバック一覧です: 保育所待機児童数、3年連続増加:

« 子育てへの不安感や否定的な感情が、母親の就業状況によって異なるらしい件 | トップページ | 厚生労働省、ツイッターによる情報発信を開始 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談