« 「AKIRA」を久しぶりに観た | トップページ | 「極楽おいしい二泊三日」で旅気分 »

2010年9月15日

いじめ認知件数は約7万3千件。減少しているってホント?

文部科学省のWebサイトに、いじめの認知件数に関する調査報告が掲載されました。この調査結果によれば、「小・中・高・特別支援学校における、いじめの認知件数は約7万3千件と、前年度(約8万5千件)より約1万2千件減少している」とのこと。減少しているのはいいことだと思うけれど、本当に減っているのかなぁ。。。

clip 平成21年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果(暴力行為、いじめ、高等学校不登校等)について:文部科学省(2010年09月14日)

とか、思っていたら、文部科学省が、いじめの有無を聞くアンケートの実施を要請したらしいですね。

「いじめ減少」って本当?
文科省が全小中高調査を要請 - 教育

 文部科学省は14日、すべての小中学校・高校・特別支援学校で児童生徒にいじめの有無を聞くアンケートを実施するよう、各都道府県教育委員会に要請する初の通知を出した。同日発表した「問題行動調査」では、学校が把握した2009年度のいじめ件数は7万2778件。「3年連続減少、3年で4割の大幅減」との結果が出た。文科省は把握が不十分なおそれがあり、掘り起こしが必要と判断した。
引用元: asahi.com(2010年09月15日)

文部科学省の調査結果によれば、アンケート調査や個別面談を実施している学校の方が、いじめの認知率が15%くらい高いようですね。うちの子どもも、学校から、いじめに関するアンケート結果をもらってきたことがあります。

自分の子どもたちが、いじめられるのも、心配。
いじめる方になるのも、心配。。。

4925253271解決を本に頼るわけではないですが、今まで読んだ本の中で、よかったのは「10代からの子育てハッピーアドバイス」です。いじめについて、多くのページが費やされています。60ページくらいはあるでしょうか。目次は以下のとおり。保護者にとって、貴重でありがたい本だと思っています。

9 "いじめ"は、犯人を特定して、
   厳罰に処するだけでは解決しない

10 "いじめ"という暴力は、
   相手を傷つけるだけではなく、
   その人が他の人に相談しよう
   とする力まで奪ってしまう

11 いじめられている人は、
   決して弱くなんかない

12 「いじめられている」「自殺したい」……。
   親には言えない心の叫びを、
   子どもの変化から、
   早めに読み取ることが大切

13 いじめの相談を受けたときに、
   絶対に言ってはならない言葉

14 若い命が、これ以上、犠牲になることを、
   防がなければなりません

15 いじめは、学校が、真剣に取り組むべき
   最も重要な問題の一つです

引用元: 10代からの子育てハッピーアドバイス
      明橋大二著(1万年堂出版)

また、読み返してみようかなぁ。

pencil 関連情報へのリンク

Childline

pencil このブログの関連記事

« 「AKIRA」を久しぶりに観た | トップページ | 「極楽おいしい二泊三日」で旅気分 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/49459414

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ認知件数は約7万3千件。減少しているってホント?:

« 「AKIRA」を久しぶりに観た | トップページ | 「極楽おいしい二泊三日」で旅気分 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談