« 工作キット満載!「エレキット」 | トップページ | ポケモンスタンプラリー、付き添い保護者の日記 »

2010年8月 7日

大地が見せる地球の鼓動 ~雑誌Newton 特集「地球」~

B003UH7HPG雑誌「Newton (ニュートン) 2010年9月号」を、Amazon携帯サイトからオーダー。創刊350号記念。特集は「地球」。

「大地が見せる地球の鼓動」の写真のページたちから読み始めた。写真が美しい。地球の力を否応なしに見せつけられる。素晴らしい。この一冊は間違いなく保存版だ。

Newtonは中とじで製本されている雑誌である。最初に開いたのは、中とじのちょうど真ん中のページ。茶色の縞模様の波の写真が掲載されていた。アメリカ、コロラド高原にある、「ザ・ウェイブ」と呼ばれている場所なのだとか。風と水が生んだ陸上の波。

1枚、ページをめくってみた。グリーンランドの「フランス氷河」。流れていくようすが分かる。1日数十センチメートルから10メートルほど動くのだという。氷の塊の重力で、低いほうに流れていくのだとか。

さらに次の写真をみた。ググッと捻じ曲げられた地層の写真。地層でなく、岩盤の層が、折りたたまれたようになっている。左下に写っている人が、小さく見える。

3枚の写真を見た。
3回、わぁっと思った。

地球の鼓動。
それを押しとどめる力を知らない。
悠久の時をかけ、変化してきた地球。
その地球の上に私たちはいて、
その地球とともに歩んでいる。
深淵な気持ちになる。
自然を崇拝する気持ちが強くなった。

雑誌「Newton (ニュートン) 2010年9月号」。地球の特集。本棚にしまわずに、リビングの、子どもたちの目につく場所に、何気なく置いておくことにした。私ひとりがこの「地球」を享受するのは、もったいなさすぎるから。

と思ったのだが、写真から受けたインパクトがあまりにも強かったから、中学生の息子に声をかけてしまった。

「ね、これ見ない?すごいよ」
「ここ、行ったことある」
「え?なんで??」
「修学旅行で行った。オレ、写真撮った」

と、意外な言葉が返ってきた。

ちょうどそのとき見ていたのは、ねじ曲がった岩盤の層の写真。Newtonに載っている写真だから、てっきり外国の場所だと、私は思い込んでいたのだ。読んでみると、ちゃんと書いてある。日本だ。紀伊半島から四国南部、そして九州南部へとつながっている層なんだとか。

修学旅行で息子が行ったのは、大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)。しばらく、息子の説明を聞いていた。どうしてこういう層ができたのか、教えてもらった。なるほど、川下りに行ったはずなのに、川でなく、岩の写真がたくさんあったのはそういうことだったんだなぁ。やっと理解した。

息子の許可を得て、修学旅行で撮影した写真を、以下に何枚か載せてみた。写真を通して、息子の視点で、地球の力を、改めて見てみた。

Dscf0144s

Dscf0152s

Dscf0143s

pencil 関連情報へのリンク

« 工作キット満載!「エレキット」 | トップページ | ポケモンスタンプラリー、付き添い保護者の日記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/49026949

この記事へのトラックバック一覧です: 大地が見せる地球の鼓動 ~雑誌Newton 特集「地球」~:

« 工作キット満載!「エレキット」 | トップページ | ポケモンスタンプラリー、付き添い保護者の日記 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談