« 早稲田大学へ。大隈銅像と大隈講堂。 | トップページ | 星空と音楽のコラボレーション、TINGARAプラネタリウムライブのチケット販売開始 »

2010年6月 5日

大隈庭園を散策

Dscf2841s

先日参加した研修の会場は、リーガロイヤルホテル東京でした。こんなにラグジュアリーな場所で研修なんて、緊張してしまいます(^^; この緊張感といつもと違う感とかが、研修効果を高めてくれるのかも、と、勝手に推測。せっかくの機会なので、休み時間を使って、大隈庭園を散策しました。ホテルのロビーから外へ。

Dscf2840s

この場所で、何かの撮影が行われていました。和装のカップルが、笑顔で見つめあうシーン、撮っていました。雑誌とかパンフレットとかの撮影だったのかな。

Dscf2834s

足元には、木漏れ日が。水辺で、木漏れ日があって、そよとした風もあって、光もあって、緑もあって、花もあって。だから、気持ちいいと、体に感じてみました。

大隈庭園は、江戸時代には高松藩主松平氏の別邸があった場所なのだとか。そこに、早稲田大学創始者の大隈重信が邸宅を建てたのだそうです。

Dscf2835s

飛び石に導かれて、進みます。

Dscf2836s

わぁ~、広いんだ~!

学生さんたちとか、お子様連れとか、おばさまたちとか、いろんな方々の姿を見ることができました。こんなに広くては、休み時間の間に全部見てまわるのは無理ですね(^^;

Dscf2839s

というわけで、Uターン。研修会場方向に戻ります。

Dscf2837s

飛騨高山から移した茶室とのこと。小川が流れ、竹も生えていて、涼しげな一角になっていました。脱いだ上着を手にして、建物の周りを散策する男性を何名かお見かけしました。

とってもいい天気sunの日でした。

大隈庭園は、第二次世界大戦で空襲を受け、その後、復元されたのだとか。戦争の爪跡をまったく感じない、平和そのものの場所でした。時代は流れていくのですね。どんどん変わっていくのですね。

      ◇      ◇      ◇

研修の感想については、別の記事で書く予定です。

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事

« 早稲田大学へ。大隈銅像と大隈講堂。 | トップページ | 星空と音楽のコラボレーション、TINGARAプラネタリウムライブのチケット販売開始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/48546924

この記事へのトラックバック一覧です: 大隈庭園を散策:

« 早稲田大学へ。大隈銅像と大隈講堂。 | トップページ | 星空と音楽のコラボレーション、TINGARAプラネタリウムライブのチケット販売開始 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談