« 子どもと一緒に日向山ハイキング(9合目) | トップページ | 夫が家事をすると結婚生活が安定する »

2010年5月20日

子どもと一緒に日向山ハイキング(頂上!)

Dscf2314s

矢立石を出発してから2時間。木の間を抜けると、急に、開けた場所に出ました。雁ヶ原に到着です。白い砂の山頂と、パノラマビューが、そこにはありました!遠くに見えるのは、八ヶ岳です。

Dscf2263s

振り返り、反対方向を見てみると、甲斐駒ケ岳が、どっしりと構えていました。手前の黒っぽい山は、鞍掛山かな。

Dscf2264s

甲斐駒ケ岳から右に目を向けていくと、不思議な形をした岩がいっぱい!これ、本当に自然が作り出したものなのかな。って思うくらい、いろんな形をしています。

Dscf2262s

さらに、右側に視線を移していくと、これまた、見応えのある景色が。長野県方向に連なっている山々を臨めました。向こう側にも、白い山肌の山が見えていました。後で地図で調べてみたのですが、これは雨乞岳でいいのかなぁ。麓からみるのと形が違うから、イマイチ、よくわかりません(^^;

Dscf2269s

そして、再び、八ヶ岳方向。
かすんでいますが、きれいです。

Dscf2290s

ちょっと八ヶ岳の方に進んで、下の景色が見えるところに行ってみたら、手前にはサントリーの蒸留所が見えました。遠くには、小淵沢に向かって七里岩をループして登っていく道も見えました。

Dscf2311s

金峰山・瑞牆山方向。うっすらと遠くに。

Dscf2301s

きれいな花崗岩。雲母がキラキラしています。岩石標本にそのまま使えちゃうんじゃないかな。中には、力を加えると、ポロポロと崩れてしまうものも。

Dscf2293s

頂上付近で見た植物。

Dscf2258s

山頂付近の雁ヶ原にある看板。「日向山1657m」と書かれているようです。日向山は標高1660m。ちょっと離れた場所が、一番高いところのようです。

景色を楽しんだ後は、お昼ごはんに。

Dscf2285s

11時頃には、人も多くなってきました。

小さい子どもたちは、雁ヶ原の白い砂で、砂遊びもしました。山頂で休憩をとる人たちは多く、中にはお湯を沸かして、カップラーメンを食べている人が何人かいらっしゃいました。とってもおいしそうに見えてしまったり(^^; 三世代の家族連れ、子ども連れ、そして、ワンちゃん連れも。日向山ハイキングコースは、気軽に登れるコースなんだなと再認識。ただし、しっかりとした山登りの服装・靴の人が多かったです。

北側に回れば、もう少し違う景色も楽しめるとは思うのですが、今回は雁ヶ原の入口付近までにしておきました。走ったり危ないことをしたりする子はいませんでしたが、ちょっと先は谷になっているので、子どもたちから目が離せません。

おにぎりで軽くランチを済ませ、景色を楽しんだ後は、来た道を戻ります。

...「子どもと一緒に日向山ハイキング(下山)」に続きます。花の写真のご紹介と、ハイキング全体の感想を書く予定です。

◆フォトアルバム

以下の写真をクリックすると、「子どもと一緒に日向山ハイキング」の記事で使った写真の一部を、フォトアルバムでもご覧いただけます。よろしかったら、見てみてくださいね(^^)

日向山ハイキング
by Google Picasa

pencil このブログの関連記事:
  日向山ハイキング記事一覧

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事

« 子どもと一緒に日向山ハイキング(9合目) | トップページ | 夫が家事をすると結婚生活が安定する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/48380289

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもと一緒に日向山ハイキング(頂上!):

« 子どもと一緒に日向山ハイキング(9合目) | トップページ | 夫が家事をすると結婚生活が安定する »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談