« 日本脳炎ワクチン接種、積極的な勧奨が再開! | トップページ | 子連れでおでかけ、子どもを退屈させないためには? »

2010年4月30日

映画「パコと魔法の絵本」を観ました

B001MYRNY4映画館で観たのは予告編だけ。地上波初登場のときに録画して、そのままになっていた映画「パコと魔法の絵本」を、やっと観ることができました。

この映画、映画館で観なくてよかったなぁ。相当、私、泣いていたに違いないから。子どもは笑って、大人は泣ける映画だときいていたけれど、それは本当でした。

★以下の記事は、ネタバレの内容を含みます。これからご覧になる予定の方は、ご注意ください。

遅ればせながら観た「パコと魔法の絵本」は、最初から最後まで、子どもと一緒に楽しめました。メッセージが揺るぐことなく、一貫しているのがいいな。主題が、直に、そして、アレンジされて繰り返される、音楽を聴いているかのようでした。

阿部サダヲさんの演技が素晴らしいです!「舞妓Haaaan!!!」のときもスゴかったけれど、「パコと魔法の絵本」でもスゴかったなぁ。感服でした。楽しかったなぁ。こういう感じって、最初に竹中直人さんを見たときのインパクトに似ているかも(^^; 癖になりそうなw

バラバラなストーリーがいくつも流れているのに、子どもが観ていても惑わない。脱線しているように見えても、流れは外れないし、主張もぶれない。それがいいなと、私は思いました。

「見え透いたストーリーじゃないか!」とか思っていた人も、大貫を、自分にプロットしてみて、考えたりするかも。「自分に当てはめてみたらどうだろう?」「もしかしたら、大貫と同じことを、自分もしてきているんじゃないか」「そういえば、自分にも同じような部分がある」「どうしたらいいんだろう?」「今からでも、自分にも何かできることがあるんじゃないか」「何かできるかもしれない」と、いうように。

蜷川実花さんの写真のように、鮮やかな色使いの映画でした。まるで、映画も絵本みたい。

パコと魔法の絵本」、面白かったです。
また、観たいな。また、泣いちゃうと思うけれど。

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事

« 日本脳炎ワクチン接種、積極的な勧奨が再開! | トップページ | 子連れでおでかけ、子どもを退屈させないためには? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/48221149

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パコと魔法の絵本」を観ました:

» 映画『パコと魔法の絵本』(お薦め度★★★★) [erabu]
監督、中島哲也。脚本、中島哲也、門間宣裕。原作、後藤ひろひろ 舞台『ミッドサマー [続きを読む]

« 日本脳炎ワクチン接種、積極的な勧奨が再開! | トップページ | 子連れでおでかけ、子どもを退屈させないためには? »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談