« 3月8日は「国際女性の日」 | トップページ | 細気管支炎の体験談 »

2010年3月 9日

RSウイルス感染症:終息気配なし、乳幼児持つ親注意を

気管支の奥の、細かく枝分かれしている部分が細気管支。その細気管支が、炎症を起こしている状態が細気管支炎。RSウィルスなどのかぜウィルスに赤ちゃんが感染すると、細気管支炎になることがあるのだそうです。始めは風邪っぽくて、だんだんゼイゼイと息苦しそうになってきて、咳が続きます。2歳以下の赤ちゃんに多く、特に6ヶ月未満の赤ちゃんは重症化する傾向があるそうです。

細気管支炎や肺炎といった「RSウィルス感染症」。例年、1月末にピークを迎えるのだそうですが、今年はまだ流行傾向にあるのだとか。

RSウイルス感染症:
終息気配なし 乳幼児持つ親注意を

 乳幼児が最もかかりやすい呼吸器感染症の一つ「RSウイルス感染症」の患者数が例年を上回るペースで増えていることが国立感染症研究所の調査で分かった。例年の流行は1月に終息するが、今シーズンはインフルエンザの流行が新型のため早まった影響でピークが遅く、春先まで注意が必要と見られる。乳幼児を持つ母親の7割が同感染症を知らないという調査結果もあり、専門医は手洗いの励行や早めの受診を呼びかけている。
引用元: 毎日jp(2010年03月07日)

細気管支炎。うちの子も、0歳8か月のとき、なったことがあります。体調を崩してから治癒するまで約20日間。入院はしなかったのですが、子どもも大変だったと思います。復職後のことでしたが、上司が理解してくれ、安心して家族看護できたのがありがたかったです。

だから、このニュース、
他人事に思えませんでした。

子どもの様子が変だなと思ったら、
早めに受診を!

細気管支炎の体験談をまとめてあるので、今度、ブログの中でも紹介させていただきますね。お急ぎの方はこちらからどうぞ。

pencil 関連情報へのリンク

pencil 体験談

« 3月8日は「国際女性の日」 | トップページ | 細気管支炎の体験談 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/47754491

この記事へのトラックバック一覧です: RSウイルス感染症:終息気配なし、乳幼児持つ親注意を:

« 3月8日は「国際女性の日」 | トップページ | 細気管支炎の体験談 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談