« TINGARA「Meditation」、iTunesでダウンロード開始! | トップページ | マタニティマーク入りグッズを配布しない、とってもハートフルな理由は? »

2010年1月10日

「天野喜孝来場展」に行きました

Dscf1165s

昨日1月9日、天野喜孝来場展に行ってきました。展示作品を見てビックリ!そこには、グイン・サーガファンには限りなくうれしい作品が数点、展示されていたからです。中には、メインキャラクターを描いた作品で、すでに絶版になってしまったはずの作品も!詳しくは、記事の後半でレポートしています。

art 天野喜孝来場展
会場: 秋葉原UDX 2F AKIBA_SQUARE
会期: 2010年01月09日~2010年01月11日
    11時00分~19時00分 ※最終日は18時まで
    ※入場無料
URL: ART VIVANT アールビバン
    http://www.artvivant.net/events/detail/4402/

art 展示作品の紹介

グイン・サーガ関連で展示されていた作品は、「豹頭の英雄」(グイン)、「褐色の戦士」(イシュトヴァーン)、「まなざし」(イシュトヴァーン)、「黎明」(リンダ)、「異形の将軍」(グイン)、「黄金の午睡」(アムネリス)、「紅い皇子」(レムス)。※だと思う(^^;

これには驚き!以前の展覧会で、アールビバンのスタッフの方から絶版だとお聞きしていた作品も、展示されていたからです。

スタッフの方によれば、2009年5月26日にお亡くなりになった、グイン・サーガの作者栗本薫さんを偲んで、天野先生のご意向で、今回展示の運びとなったのだとか。先生のお手元に残っているものを、展示してくださっている作品もあるのだそうです。

Amazon.co.jpの本の表紙で、展示作品を紹介させていただくと、以下のような感じ。これが、展示会場の壁に並べられているところを想像してみてください。天野グインのファンには凄すぎますw

◆作品名「豹頭の英雄」 ※参考出品

炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)
炎のアルセイス―グイン・サーガ(44) (ハヤカワ文庫JA)

◆作品名「褐色の戦士」

ヤーンの日―グイン・サーガ(31)
ヤーンの日―グイン・サーガ(31) (ハヤカワ文庫JA)

◆作品名「まなざし」

ヴァラキアの少年―グイン・サーガ外伝(6)
ヴァラキアの少年―グイン・サーガ外伝(6) (ハヤカワ文庫JA)

◆作品名「黎明」

白虹―グイン・サーガ(26)
白虹―グイン・サーガ(26) (ハヤカワ文庫JA)

◆作品名「異形の将軍」

サイロンの豹頭将軍―グイン・サーガ(30)サイロンの豹頭将軍―グイン・サーガ(30) (ハヤカワ文庫JA)

◆作品名「黄金の午睡」

光の公女―グイン・サーガ(27)
光の公女―グイン・サーガ(27) (ハヤカワ文庫JA)

◆作品名「紅の皇子」

緋の陥穽―グイン・サーガ(49)
緋の陥穽―グイン・サーガ(49) (ハヤカワ文庫JA)

art 感想

天野先生がグイン・サーガをご担当されていたのは、本編の20~56巻と、外伝の6~9巻。本の出版年でいうと、1985~1997年。もう10年以上前のコト。ですので、展覧会にグイン・サーガの作品が並ぶことは、最近では珍しいことなんじゃないかと思います。

他の展示作品も沢山ありましたが、私はグイン・サーガの作品たちの前で、ずっと時間を過ごしました。こんな機会は、もう二度とないかもしれないから。

木版画の作品も見せていただきました。左を向いて立つ、モノクロのグイン。天野先生の木版画の作品って、珍しいですよね。グイン・サーガの表紙に使われた作品ではないので、上のようにはご紹介できないです。ご容赦を。

Dscf1163s

「天野喜孝来場展」の展示作品に関する情報は、インターネット上にはほとんどない状態。ですので、グイン・サーガの作品が展示されているのかどうかも定かではなかったのですが、出かけてみて、本当によかったな。展示内容は、天野先生がお決めになったとのこと。アールビバンのご担当者のところにも、なかなか情報が降りてこなかったのだとか。なるほど、ネットで検索しても、情報がほとんどないのは、そういう理由もあったのですね。

ところで、絶版だった「黎明」が、再び販売されていました。アールビバンさん、前にお聞きしたとき、「この作品は、もう出ないですね~」っておっしゃっていませんでしたっけ??? って、会場で質問してみたところ、以前の作品は絶版になったのだけれど、今販売しているのは、以前よりもちょっと小さめになっているのだとか。そういうこともあるのですね。

「黎明」に描かれているのは初期のリンダ。欲しいと思う人は多いはず。販売数は450(だったと思う)、価格は93万円とのこと。私が見ている目の前で「黎明」は壁からはずされ、購入を検討されているらしきお客様の前のイーゼルに、運ばれて行きました。

ガッチャマンや、ドロンジョ様にも会えますよ。もちろん、Dも、FF関連の作品も、展示されています。物販コーナーには、「やさいのようせい」のぬいぐるみも置かれていました。

天野グインのメインキャラクターたちに会えた、素敵な時間になりました。記念に「黎明」の絵ハガキを購入。さて、どこに飾ろうかな。

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

« TINGARA「Meditation」、iTunesでダウンロード開始! | トップページ | マタニティマーク入りグッズを配布しない、とってもハートフルな理由は? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/47250352

この記事へのトラックバック一覧です: 「天野喜孝来場展」に行きました:

« TINGARA「Meditation」、iTunesでダウンロード開始! | トップページ | マタニティマーク入りグッズを配布しない、とってもハートフルな理由は? »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談