« 父親学校「ファザーリング・スクール」開講から1カ月 | トップページ | Pentax K-x でデジイチデビュー! »

2009年11月 2日

親子で陶芸体験☆

先日、保育園の保護者会のイベントで、陶芸体験に参加しました。成形済の土台をくり抜いて、親子で一つの作品を仕上げるというもの。所要時間は約2時間。土に触れる体験を、子どもと一緒に楽しませていただきました。

今回お世話になったのは、
陶芸工房 彩泥窯(さいでいがま)」さんでした。

Dscf1671s

clover 「雪ダルマのランプ」づくりにチャレンジ

Dscf1631s

成形された粘土生地の表面を、水を含ませたスポンジで滑らかにします。

Dscf1650s

切り抜きたい箇所に、クッキー型などを使いながら、しるしをつけます。

しるしをつけ始める前に、まず、どこに置くのかをイメージするのがいいのだとか。たとえば、足元に置くなら、目の穴の位置をちょっと上側にするとか、考えるとよいそうです。

なるほど。プランニングは何事においても、要なわけですね。

Dscf1653s

くり抜きます。結構、厚みがあります。切り進めたい方向に刃を向けるときれいに切れることを意識させてあげたら、子どもだけでも、ザクザクと、切り取ることができるようになりました。

この作業のザクザク感、心地よいかも。

Dscf1657s

抜き取った粘土は、チョコレートか、クッキーみたい。このあたりまでが、子どもたちの集中力の限界だったらしく、抜き取った穴をきれいに仕上げる作業は、保護者が担当しているという親子が多かったようでした。

Dscf1670s

この日の作業はここまで。
目がとってもキュートな、雪だるまになりましたshine

体験教室の方々が、本焼きまでしてくださるので、あとは、到着を待つばかり。届くのは一カ月後。クリスマス前のちょうど良い時期なので、なおさら、楽しみです(^^) 中に入れるライトも注文してしまいました~!

子どもも親も、よい体験、させていただきました。企画してくださった、保護者会の役員さんたちに感謝。体験教室のスタッフの皆様が親切で、子どもたちに気を配ってくれたのがうれしかったです。

体験会場の中には、一般の方が作った湯飲み、お茶碗などが、たくさん置かれていました。自分で作った陶器を日々使う、っていうのもいいかも。興味、湧きました!

陶芸体験、想像以上に、親も楽しかったですshine

pencil 関連情報へのリンク

« 父親学校「ファザーリング・スクール」開講から1カ月 | トップページ | Pentax K-x でデジイチデビュー! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/46643230

この記事へのトラックバック一覧です: 親子で陶芸体験☆:

« 父親学校「ファザーリング・スクール」開講から1カ月 | トップページ | Pentax K-x でデジイチデビュー! »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談