« 子育ての役割分担の理想は「夫4.1:妻5.9」、現実は「夫2.3:妻7.7」 | トップページ | 新型インフルエンザ予防策は、手洗い・うがい・マスク »

2009年8月19日

グイン・サーガ 第128巻「謎の聖都」~あとがきのない本~

4150309620乗り換え駅の構内で、グイン・サーガ 第128巻「謎の聖都」を購入した。店員さんから本を受け取り、電車に乗った。そして、いつもそうしてきたように、今回もまた、あとがきから読み始めようと、本を開いた。

第128巻は、栗本先生がお亡くなりになってから、2冊目のグイン・サーガ。第127巻まではあった作者あとがきが、第128巻には、なかった。あとがきがあるはずの場所に書かれている文章を、静かに見つめた。

Dscf0301s

栗本先生がお亡くなりになったのは、5月末のこと。
「グイン・サーガ」は最後まで語られることはない。

誰かが、グイン・サーガの続きを書いてくれるといいなと、まだどこかで期待していたりするけれど、他の誰かが書いてくださったとしても、それは、やっぱり、グイン・サーガではなくなってしまう気がする。第128巻を読んで、さらにそう思うようになった。

たとえば“豹頭の花嫁”が誰なのか。この答えは栗本先生のノートには書かれているとは思うけれど、それだけを教えてもらっても、うれしくない気がする。これから展開していくはずだった部分がなくては、ね。

赤色の帯には、「栗本先生、すばらしい物語をありがとうございました。」という感謝の言葉の他に、「2009年10月発売 正篇グイン・サーガ129」も書かれていた。次も、読ませていただけそう。楽しみに待ちたい。

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

« 子育ての役割分担の理想は「夫4.1:妻5.9」、現実は「夫2.3:妻7.7」 | トップページ | 新型インフルエンザ予防策は、手洗い・うがい・マスク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/45967146

この記事へのトラックバック一覧です: グイン・サーガ 第128巻「謎の聖都」~あとがきのない本~:

« 子育ての役割分担の理想は「夫4.1:妻5.9」、現実は「夫2.3:妻7.7」 | トップページ | 新型インフルエンザ予防策は、手洗い・うがい・マスク »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談