« カルシウム目安量の半分を水で摂れちゃう?!「DANONE BODY-ism」モニターレポート | トップページ | 被害届は出しません。 »

2009年7月16日

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」公開

Dscf9524s

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が、昨日公開されました。上の写真は、JR山手線・渋谷駅ホームのシネマ・カフェ。車両を模した店舗が、ハリー・ポッターでラッピングされていました。チケット購入とか、できるようです。

映画館には行かず、DVDを購入して観ることになると思います。過去の経験から、保育園児の娘が、映画館で怖がってしまうことが予測されるからです。

4915512576映画公開ということで、息子が、ハリー・ポッターシリーズ第六巻「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の本を読み始めました。本が発売になったとき、私が読んだ後に読んだはずなのですが。きちんと読んでいなかったことを思い出したのか、「借りるよ~」とのことで、上下巻2冊を持って行きました。以前は、呪文に興味があったようですが、あれから3年、今度はストーリーが気になるようです。シリーズ最終巻の第7作も読むらしい。

そこで、息子に宿題を出しました。

「ダンブルドア校長が、
 スネイプ先生を、心から信頼していたのはなぜか?
 その信頼が揺らがなかったのはなぜか?」

これって、シリーズ全体の、重要な柱になっていますよね。息子がどんな答えを持ってくるか楽しみ。

夏休み映画movie の公開が相次ぐため、関連映画のTV放映も相次いでいます。ちなみに、今日はポケモン映画「ギラティナ&氷空の花束シェイミ」、明日は「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、あさっては「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」がTV放映されます。

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事

« カルシウム目安量の半分を水で摂れちゃう?!「DANONE BODY-ism」モニターレポート | トップページ | 被害届は出しません。 »

コメント

うちも、長女が学校から借りて来ました(下巻がなかったので上巻だけ)。買うつもりでまだ買っていないですが、いろいろと考えさせられますね。
スネイプ先生はかなりキーパーソンなのですが、生い立ちもあって単純明快な人でないようなので、1回読んだだけでは、なぜダンブルドア校長がスネイプ先生を信頼していたか、というのは掴めないのではないかなと私は思います。
うちも映画を見に行く予定なので、あとで記事をTBしてみます。うまくいくといいのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/45645164

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」公開:

» 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」いよいよ公開 [日々の暮らしから・・・love music, love life]
ブログ仲間でマイミクさんでもあるwindyさんの記事を読んで、そういえば…と気づきました。 以前ミッドランドスクエアに行ったとき、映画の垂れ幕がかかっていたというのに。 ということで、長女ことは最近、以前の映画のDVDを見まくっております(笑) 長女のお気に入りは、マルフォイ役のトム・フェルトン君。まぁ結構イケメンですので、(「ザ・クイズショウ」に出ていた、関ジャニ∞の横山裕君にも似ている)ファンも多いようですが。 「賢者の石」の頃はみんなコドモな顔ですね。「謎のプリンス」ではみんな... [続きを読む]

« カルシウム目安量の半分を水で摂れちゃう?!「DANONE BODY-ism」モニターレポート | トップページ | 被害届は出しません。 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談