« Twitterは使えるツールか? | トップページ | Twitterのロゴようなロゴを作ってくれるサイト「Twitlogo」 »

2009年7月22日

Google Earth で 月を歩く

Gem01Google Earthの月モード「Moon in Google Earth」を試してみました。「Google Earth 5.0」のツールバーから「月」を選択して、月面へ!

clip Google Earth で月面着陸
  http://earth.google.com/moon/

人類が初めて月に着陸したのは、1969年7月20日。今年で40周年なのだそうです。この記念すべき日に合わせ、2009年7月20日に、「Google Earth」の月モードが発表されたのだとか。4年前の7月20日には、月面地図を検索できる「Google Moon」が発表されました。記念日に発表というのは、ちょっとロマンティックでいいかも。

さて、「Google Earth」で月モードを表示してみたところ、左フレームの「レイヤ」に、「月のギャラリー」が追加されました。ツリーを展開してみたのが、下の図。「アポロミッション」には、アポロ11号からアポロ17号までのランドマークがずらり。アポロ11号とアポロ17号の「ガイドツアー」もあり、宇宙飛行士の方々が、月面をガイドしてくださいます。「人類の遺産」には、「かぐや」も。

Gem02

アポロ11号の着陸地点に行ってみました。

Gem03

アメリカの旗付近の写真を見てみたら、宇宙船も足跡も見れました。まるで、月面を、ストリートビューで眺めているみたい。

Gem04

なかなか興味深いかも。アームストロング船長が月面に第一歩を踏み出した瞬間の動画も見れました。「That's one small step for (a) man, one giant leap for mankind」の有名な言葉も聞けました。

「Google Earth」の月モードでは、日本のJAXAの月探査衛星「かぐや」が取得した地形データが使われているのだそうです。今年6月に役目を終えた「かぐや」。その落下地点も、ランドマークにありました。

Gem05

ガイドツアーはとても興味深いものでした。アポロ11号が、月の上を飛び、着陸するまでをワクワクしながら見てしまいました。

Astronomy2009_logoガリレオ・ガリレイが望遠鏡で宇宙を観察したのは、1609年だったとのこと。望遠鏡での初観測から400年を記念して、ということで、今年2009年が世界天文年に決定されたのだそうです。ユネスコが承認し、国連総会で決議された国際年なんですって。

今日は皆既日食の日。「皆既日食」とか「Moon in Google Earth」などで、子どもたちが、空や星や月や太陽や宇宙とか、天文に興味をもってくれるようになるといいのにな。期待しています。

YouTube - Google Earth で 月を探索

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事

« Twitterは使えるツールか? | トップページ | Twitterのロゴようなロゴを作ってくれるサイト「Twitlogo」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/45691993

この記事へのトラックバック一覧です: Google Earth で 月を歩く:

« Twitterは使えるツールか? | トップページ | Twitterのロゴようなロゴを作ってくれるサイト「Twitlogo」 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談