« ご不在連絡票 WINDY様 | トップページ | 絵本の原画展~紅逢黒逢の刻~ »

2009年6月28日

これからの少子化対策・・・10の提言

先週、内閣府の「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」から、「これからの少子化対策・・・10の提言」と「“みんなの少子化対策”のためのメッセージ」が公表されました。

clip “みんなの”少子化対策 ~子どもへの投資が未来を支える子育てセーフティーネットの強化を!~ - 内閣府(2009年06月23日)

◆これからの少子化対策・・・10の提言

10個の提言は、以下のとおりです。

  1. 少子化対策の第一歩は“恋愛・結婚”から
  2. 若者が安心して家族をもてるようにする
  3. 妊娠や家族形成に関する認識を深める
  4. 厳しい経済情勢の今だからこそ働き方を変える
  5. 幼児教育と保育の総合的な検討を
  6. 子どもの貧困と格差の連鎖を防止する
  7. 家計の過重な教育費負担の軽減を
  8. 社会全体で子育てを支える
  9. 子どもが病気になったときにも安心を
  10. 消費税1%分を〈子どもたち〉のために

 引用元: 内閣府 - “みんなの”少子化対策から抜粋

少子化対策の財源確保に、やはり消費税を考えているようですね。

「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」は、小渕大臣のビジョンを踏まえ、「思い切った少子化対策」を議論するプロジェクトです。今年1月に発足しました。今回、その成果が「“みんなの”少子化対策 ~子どもへの投資が未来を支える 子育てセーフティーネットの強化を!~」(PDFファイル)にまとめられています。概要だけ知りたいという方はこちら(PDFファイル)をどうぞ。

◆“みんなの少子化対策”のためのメッセージ

今回公表された、国民に向けたメッセージ「“みんなの少子化対策”のためのメッセージ」の一つめは以下のとおり。

1.結婚をすること、そして子どもを持つことには、苦しいことも、楽しいこともありますが、私たちを成長させる貴重な経験だと考えましょう。

これは私が日頃、子育てについて「真」だと思っていること。今回公表された資料の中で、この部分が一番気に入りました。

◆「10の提言」を読んで

どのように行動するかは、個人の意思で決まる。そこに今回の提言がどのように働きかけ、どのような行動を導いていくのか。そこに注目したいな。

「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」の提言は、未来のことを言っている。今、助けてほしい人には、やっぱり、助けてもらえる気がしない。と、やっぱり思ってしまうのだけれど、嘆くのではなく、プラスの方向に持っていきたい。

過去に子育てしてきた人たちのことに思いをはせると、大きな流れの中に自分もいることがわかる。社会はそんなにすぐに変わらないし、変化には時間がかかることも理解できる。将来、子育てする人たちが今よりもずっと楽になるように、今子育てしている人たちは行動すべきなんだろうな。もちろん、できる範囲で。そのための具体的な行動は何かといえば、特別なことではない気がする。当たり前のことをボーっとせずにちゃんとやること。仕事に限らず、子育てに限らず、成果を導くには、地道だけれどコレな気がする。

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

« ご不在連絡票 WINDY様 | トップページ | 絵本の原画展~紅逢黒逢の刻~ »

コメント

はじめまして。通りすがりの二児の母です!

この提言、政府が行ったものなんですよね?

・・・いやいや、なかなか斬新で面白いな!
悪くないんじゃない?と
実は思いました。

確かに、「今困ってる人をすぐに救済できるか」は疑問ですが・・・。

1番の
「少子化対策の第一歩は“恋愛・結婚”から」
に、お~政府らしからぬ、
いいところに気がついた
と思ったんです^^

まずは、「この人となら・・・」という人と恋愛できないと、ダメですものね。

そこから出来ない友人が、
私の周りには結構、います。
(本当にいい子達なのに・・
 若い頃に出会いに恵まれなかったんですよね)

おっしゃられてる通り、
すごーく地道で地味なことだけど、
大事なことばかり・・・!

今回こそ、世の中に浸透して
少しでも少子化防止になるといいな・・・
と思いました^^

★ハッピークローバーさん
コメント、ありがとうございました!

> 1番の
> 「少子化対策の第一歩は“恋愛・結婚”から」
> に、お~政府らしからぬ、
> いいところに気がついた
> と思ったんです^^

同感です。「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」の最初の検討テーマは「恋愛・結婚」だったのですよね。それを知ったとき、「なるほど、そこから始めるんだ。それっていいんじゃない?!」と感じたことを、頂いたコメントを読んで思い出しました。結婚するつもりが全くなかった私が言うのも何なんですが。。。

今回の提言は、少子化対策として何をすべきか、その柱がまとめられていると思います。先輩達の頑張りに感謝しつつ、後輩たちがよりよい環境で過ごせるように、自分が関与できる範囲で地道に努めていきたいなと思います。

少子化の理由の一つは経済的なところでしょうね。
>消費税1%分を〈子どもたち〉のために
これには大賛成です^^

あとはプライベートに制限がかかること?かな
> 「少子化対策の第一歩は“恋愛・結婚”から」
これでしょうね
実はこれが一番の難点なんでしょうけど。

★テラエビさん
コメント、ありがとうございました!

> >消費税1%分を〈子どもたち〉のために
> これには大賛成です^^

同感です。安定した財源になるでしょうし、社会全体が支えている感があっていいなと思っています。

> 「少子化対策の第一歩は“恋愛・結婚”から」
> これでしょうね
> 実はこれが一番の難点なんでしょうけど。

そうかもしれないですね。結婚して子供を持ったらいいことあるという、プラスイメージの情報が少ない気もします。測定したわけではないのですが、マイナスイメージの情報の方が多く流通しているように感じます。だからというわけではないけれど、私は一生結婚するつもりがなかったのですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/45472621

この記事へのトラックバック一覧です: これからの少子化対策・・・10の提言:

« ご不在連絡票 WINDY様 | トップページ | 絵本の原画展~紅逢黒逢の刻~ »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談