« 「ピカ夏家族旅行」パンフレットをチェック! | トップページ | ボクらにとって残業ってなんなの? »

2009年5月28日

幼保一元化で少子化・児童局新設、厚労省分割の素案

厚生労働省の分割再編案に、少子化・児童局の新設が含まれているそうですね。

幼稚園の所管は文部科学省、保育園の所管は厚生労働省に分かれているのが現状なのですが、少子化・児童局は、幼稚園と保育所の一本化(幼保一元化)を担当する局になるのだとか。麻生首相のこの分割再編案に対して、舛添大臣、小渕大臣が二人とも慎重姿勢だったと聞いて安心しました。一元化するにしても、急いでではなく、慎重に進めてほしいと思うから。

幼稚園・保育所の一元化で児童局新設 厚労省分割の素案
 麻生首相が指示した厚生労働省の分割・再編の素案がわかった。年金・医療・介護などを担当する社会保障省、雇用・少子化などを担当する国民生活省(いずれも仮称)に分割。国民生活省には文部科学、厚労両省に所管が分かれる幼稚園と保育所の一本化(幼保一元化)を担う少子化・児童局を新設する。
引用元: asahi.com - 政治(2009年05月26日)

そういえば、以前、子ども庁創設の話題もありました。どうなったんでしたっけ。それっきり見かけていなかったように思うのですが。子ども庁創設→少子化・児童局新設かな(推測)。

参考までに、「子ども庁の創設」について触れられている、小泉内閣メールマガジン(古い!)を、以下に、引用して紹介しますね。

● 幼保一元の特区を訪ねて
 (構造改革特区評価委員会専門委員 中村紀子)

 幼稚園(文部科学省所管)と保育所(厚生労働省所管)を同一施設内で運営する特区を幼保一元特区という。幼保一元は、両親にとっては、ありがたい選択肢の一つになる。
…中略…
 一方、補助金請求の煩雑さ、施設整備費の規制、利用料と公費負担額の整合性、施設の使用制限など、文部科学省と厚生労働省が法改正をしなければいけない課題がある。
 来年スタートの総合学習施設は、まず、この特区における課題を解決する事が先決であろう。この際「子ども庁」でも作り、国の子育て支援・幼児教育の手当てや補助金額の全容を整理し、足りない分は、次世代育成支援税または保険の創設も検討したらどうか?
引用元: 小泉内閣メールマガジン 第155号(2004年09月16日)

« 「ピカ夏家族旅行」パンフレットをチェック! | トップページ | ボクらにとって残業ってなんなの? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/45152646

この記事へのトラックバック一覧です: 幼保一元化で少子化・児童局新設、厚労省分割の素案:

« 「ピカ夏家族旅行」パンフレットをチェック! | トップページ | ボクらにとって残業ってなんなの? »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談