« 小渕大臣の「子育て創生&安心プラン」 | トップページ | 1等! »

2009年4月25日

映画「GOEMON」を観てきました☆

B0024NJY26紀里谷和明監督作品「GOEMON」の“天下統一試写会”が、4月21日に開催されました。全国40都道府県の190スクリーンで、同じ時刻に開催されたこの試写会。3万5千人が鑑賞したというから驚きです。

“天下統一試写会”の一週間前の4月14日、goo映画独占試写会が開催されました。ラッキーにもご招待!っということで「GOEMON」を観てきました。試写会って何年ぶりでしょう。紀里谷監督の世界にとっぷりと浸ってみましたが、とっても満足な映画でしたshine

movie GOEMON

★以下の記事は、ネタバレの内容を含みます。これからご覧になる予定の方は、ご注意ください。

◆紀里谷監督の世界

「GOEMON」は、セット数100、CGカット数2500、制作期間3年、エキストラ1000人という大作。紀里谷監督の歴史的解釈に基づく天下統一物語と解釈しました。西洋風で日本の安土桃山時代ではないみたい。その世界観といったらもう!!あの世界を作り出せるという凄さに魅せられました。

賛否両論あるようですが、この映画に限らず、監督の観せたいものを素直に観ることにしている私としては、楽しめた映画でした。どことなく、少年ジャンプ的だったかな。

紀里谷監督の作品を観るのは初めてだったし、事前の下調べもしないで試写会当日を迎えてしまったこともあり、先入観なし、かつ、空っぽの状態の私で観させていただいたのですが、とっても楽しめました。かなり私好み。蜷川実花さんが作りだす世界観に似通った部分があるように感じました。

◆豪華なキャスト・豪華な登場人物

「GOEMON」は豪華キャストが話題ですが、映画で描かれている人物も豪華。石川五右衛門・霧隠才蔵・服部半蔵という忍びの面々。織田信長・豊臣秀吉・徳川秀吉・石田三成という天下を目指した武将の面々。おなじみの歴史的人物の登場に、歴史通でなくとも、興味をもって見れるのではないでしょうか。日本の歴史の中でも、この時代を好む方は多いかも。

Goemon_shishakai江口洋介[石川五右衛門]、大沢たかお[霧隠才蔵]、広末涼子[浅井茶々]、中村橋之助[織田信長]、奥田瑛二[豊臣秀吉]、伊武雅刀[徳川家康]、要潤[石田三成]、寺島進[服部半蔵]、平幹二朗[千利休]、ゴリ(ガレッジセール)[猿飛佐助]、玉山鉄二[又八]、チェ・ホンマン[我王]、りょう[五右衛門の母]、佐藤江梨子[吉野太夫]、戸田恵梨香[夕霧太夫]、鶴田真由[小平太の母]、…
豪華キャストを書きだしてみると、こんな感じ。本当に豪華ですよね。俳優さんたち一人一人が持っているイメージや印象が、うまく編み込まれている映画だなと思いました。

要潤さん(『仮面ライダーアギト』の仮面ライダーG3)、玉山鉄二さん(『百獣戦隊ガオレンジャー』のガオシルバー)という、日曜日の朝の子ども番組で見かけた俳優さんたちも出演していらして、なかなか楽しめました。

◆衣裳

映画が始まってまず、衣裳がとっても気になりました。その衣裳、その時代の方々は着ていなかったんじゃないの?! と思ったのですが、時代劇の固定観念をとっぱらってくれているということで、それはそれでOK。

奇抜で独特な感じの衣裳が多かったです。茶々の衣裳は、「スター・ウォーズ」のアミダラを思い起こすものがありました。

◆感想

Dscf8044s試写会終了後、三日間ぐらいは「GOEMON」が私の中から抜けませんでした。紀里谷監督の世界観とともに、抜けずに残っていたのは、広末涼子演じる茶々。五右衛門との再会シーンの
 「五右衛門」
 「茶々様」
と、船のシーンの
 「行きなさい五右衛門!行きなさい!!」
のセリフの部分が特に。そういえば、「鉄道員(ぽっぽや)」を観た後も、広末涼子の演技がいつまでも頭からはなれなかったっけ。

大沢たかおさんが演じられた霧隠才蔵の最期のシーンは鬼気迫るものでした。この映画の主役は五右衛門だけれど、このシーンの主役は完全に才蔵でした。迫力あったなぁ。

最後がちょっと長かったかな。この話の着地点は、どこになるんだろう?という感じでした。

余談ですが、関ヶ原の戦いのシーンでの五右衛門の突進は、グインサーガに登場する、紅の傭兵・イシュトヴァーンの戦いぶりを彷彿させるものでした。イシュトヴァーンって、きっとあんな感じなんだろうなぁ。

     ◇     ◇     ◇

最近観た映画はといえば、ドラえもん、ケロロ軍曹、プリキュア。子ども向け映画が続いていました。付き添い保護者もそれなりに楽しめるので子連れ映画も好きですが、さすがに大人向け映画を観たくなっていました。そして観たのが、今回の「GOEMON」。とっても満足でした。

映画「GOEMON」は、5月1日公開です。

P.S.
 ホタルのシーンを観て、私自身の、ホタルの想い出がよみがえりました。茶々の気持ち、じわっとカラダに染み入るように理解できました。

pencil このブログの関連記事(2009年春に観た映画)

« 小渕大臣の「子育て創生&安心プラン」 | トップページ | 1等! »

コメント

TBありがとうございます。

時代劇であって時代劇でない、
歴史ものであって歴史ものでない、
紀里谷ワールド全開で、
あそこまで徹底してやられると
認めざるをえません。

確かに最後はちょっと冗長。
もう少しやりようがあった気がします。

★KGRさん
コメントとTB、ありがとうございました。
> 紀里谷ワールド全開で、
> あそこまで徹底してやられると
> 認めざるをえません。
おっしゃるとおりですよね。時代考証が…とか考えないで、別の世界の話として見るといいんじゃないかと思っています。

がは!
イシュトか。それは気付かなかった!

★katsさん
分かってくださる方がいらっしゃるとは、感激ですshine
コメント、ありがとうございました!

P.S.
遅ればせながら、グイン・サーガ126巻を読んでいるところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/44730791

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「GOEMON」を観てきました☆:

» 試写会「GOEMON」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2009/4/15 中野サンプラザでの開催。 監督、脚本、紀里谷和明 江口洋介、大沢たかお、ゴリ、広末涼子、奥田瑛二、中村橋之助、 要潤、チェ・ホンマン、伊武雅刀、うー、書き切らん。 *** 1582年の本能寺の変の後、豊臣秀吉の天下となってしばらくののこと。 町は活気にあふれていたが、貧富の差は拡大し、 弱い者はさらに弱い立場にあった。 秀吉配下の石田三成(要潤)は、明智光秀(紀里谷和明)の蓄財を回収すべく、 紀伊国屋文左衛門(六平直政)の屋敷に立ち寄った。 そのころ、文左衛門の蔵は、... [続きを読む]

» 「GOEMON」(試写会)みた。 [たいむのひとりごと]
ここまで徹底的にこだわりを見せ付けられると、どれだけ荒唐無稽だったとしても愉快痛快としてナンデモアリを許してしまいたくなる。劇場ではスルーした『CASSHERN(キャシャーン)』だったが、TV放送時に... [続きを読む]

» 「GOEMON」映画感想 [Wilderlandwandar]
アチコチで試写会をやってたらしく、おこぼれに預かってみてきました。 「GOEMON」最近洋画の邦題もおかしなの多いですが [続きを読む]

» GOEMON [映画通の部屋]
「GOEMON」STREET KINGS/製作:2009年、日本 128分 監督 [続きを読む]

» GOEMON [花ごよみ]
監督は「CASSHERN」から5年、 紀里谷和明。 歴史にも出てくる有名な大泥棒で義賊の、 石川五右衛門が主人公。 試写会で観ました。 出演は五右衛門に江口洋介、 大沢たかおの霧隠才蔵はおいしい役、 かっこよく描かれていました。 茶々には広末涼子、 前髪おろした姿は 年齢不詳、可愛く見えました。 才蔵役の大沢 五右衛門の子分・佐助にはゴリ、 石田三成には眉毛が白い要潤。 家康には伊武雅刀、秀吉には奥田瑛ニ、 織田信長には存在感たっぷりの中村橋之助。 茶々の子供時代は福... [続きを読む]

» 映画 「GOEMON」 [ようこそMr.G]
映画 「GOEMON」 [続きを読む]

» 試写会「GOEMON」 [流れ流れて八丈島]
仕事帰りに有楽町に直行して、日劇マリオンの上にある有楽町朝日ホールで試写会「GOEMON」を観てきました。(画像は、マリオンの1階にある巨大宣伝看板です。)さて、映画の方、はこれが案外面白かったですね「CASSHERN」の紀里谷和明監督なんでCGバリバ...... [続きを読む]

» 映画「GOEMON」試写会@一ツ橋ホール [masalaの辛口映画館]
 今回の主権はテレビ朝日さん。「ミュージック・ステーション」のサブMCをしている竹内由恵アナウンサーの前説があり映画が上映された。 映画の話織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武...... [続きを読む]

» GOEMON [とりあえず、コメントです]
豊臣が天下を取った頃の戦国時代を舞台にした紀里谷監督の最新作です。 武将たちの戦いに巻き込まれていく五右衛門たちの活躍をCGの映像を駆使して描いていました。 時は豊臣の時代。富は一部の勝者が握り、都市には貧しい民が溢れていた。 そんな中、大衆に人気を誇っている人物がいた。大泥棒の石川五右衛門だ。 彼は金持ちから盗んでは貧しい民たちに分け与えていた。 ある日、五右衛門が大金持ちの商家・紀伊国屋文左衛門の大きな蔵に忍び込んでいたところ、 そこに石田三成(要潤)と彼の手下・霧隠才蔵(大沢たかお)が訪ねて... [続きを読む]

» GOEMON [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
その箱には、信長暗殺の首謀者が秀吉だったという真実が封印されていた__。 信長、秀吉、家康、その天下統一の影で、ただ一人、民衆のために戦い続けた男__彼の名は石川五右衛門。金持ちから盗み、貧しき者に分け与え、乱世を自由気ままに生きた伝説の大泥棒。ある夜...... [続きを読む]

» 『GOEMON』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイトはこちら。<Story>1582年 天下統一を目指した織田信長(中村橋之助)...... [続きを読む]

» 映画『GOEMON』(お薦め度★★) [erabu]
監督・原案、紀里谷和明。プロデューサー、一瀬隆重、紀里谷和明。脚本、紀里谷和明、 [続きを読む]

» 【試写会】GOEMON(評価:○) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】紀里谷和明 【出演】江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二/他 【公開日】... [続きを読む]

» ■異次元の時代劇〜GOEMON [AKATUKI DESIGN]
いやぁ〜〜〜楽しかったです。 やはり紀里谷和明監督は天才だぁ。 ほんと今までの映画とは一線を画す出来だと思うんですよね。 CASSHERNを見た時も独特なCGとの融合した映像美は目を見張るものがあって衝撃だったんですけど・・・ なんなんでしょうこの世界観。 豊臣秀吉、徳川家康、石田光成。 名高い武将の登場する戦国武将ドラマと思いきや、それは異次元。 別の世界の戦国時代を描いているような時空を越えたスケール感です。 その独特な世界観を支えているのは、史実に全く忠実でない衣装や建物など。 お城... [続きを読む]

» 「GOEMON」 [てんびんthe LIFE]
「GOEMON」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 これは豪華ないい男祭り。 (いい女もたくさんいたみたい) とにかく、あれまあれま、出てくる出てくるいい男たち。 「こんな時代劇みたことない」ってコピーだったと思うんですが、みたことなくもない気もするんです。 あまりに沢山映画をみていると新鮮という感じはあまりしません。 超大作という意味で、スケールの大きさはわかるし、過去と現代的センスが入り混じっているのもとてもよくわかるんです。 でも、どこかで見たことがあるぞ~みたいな気持は最初から最後... [続きを読む]

» GOEMON [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『20世紀少年第2章』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、今年3本目の邦画鑑賞です【story】織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)が庶民を熱狂させていた。そんな中、五右衛門は盗み出した財宝の中に重大な秘密が隠されている南蛮製の箱を見つけるが―     監督 : 紀里谷和明 『CASSHERN』【comment】  メチャメチャ好みでした〜  この... [続きを読む]

» GOEMON [Akira's VOICE]
スゴい事になってます!!   [続きを読む]

» 「GOEMON」 監督のスタイルが強く表れている [はらやんの映画徒然草]
一般的にはあまり評判の宜しくない「CASSHERN」の紀里谷和明監督の最新作です [続きを読む]

» ★「GOEMON」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末ナイトショウ鑑賞は・・・ 紀里谷和明監督自らプロモーションで「笑っていいとも」に出演してたし・・・ 主演の江口洋介の「ひとつ屋根の下」は再放送してるし・・・ ということで、初日に観に行っちゃいました。... [続きを読む]

» GOEMON [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
超久々に映画を見に行けました 近くの映画館でまだ「スラムドック$ミリオネア」をや [続きを読む]

» 「GOEMON」秀吉の秘密を知った先に望んだ平和と運命の戦い [オールマイティにコメンテート]
「GOEMON」は紀里谷和明監督2作目の映画作品で1582年に信長が本能寺の変で自害してから秀吉が天下を獲って一時の平和が訪れた時代に天下の大泥棒石川五右衛門が盗みを働いた先で秀吉の重大な秘密を知り、自らの運命と戦っていくストーリーである。映像は非現実的な要素...... [続きを読む]

» 映画「GOEMON」 [FREE TIME]
5月1日のファーストデーに映画「GOEMON」を鑑賞。 [続きを読む]

» 『GOEMON』 ('09初鑑賞54・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 5月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:35の回を鑑賞。 [続きを読む]

» ★★★★ 『GOEMON』 [映画の感想文日記]
2009年。「GOEMON」パートナーズ。   紀里谷和明監督・製作・原案・脚本・撮影監督・編集。  「キリヤ・ピクチャーズ」という監督個人の映画製作会社による、ほとんど一人ですべてを思い通りに作ったらしき映画。... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「GOEMON」 [日々“是”精進!]
「GOEMON」を鑑賞してきました「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじめ歴史上の人気キャラクターたちが繰り広げる奇想天外なストーリーが、時代劇の枠にとらわれない大胆かつ斬新なヴィジ...... [続きを読む]

» GOEMON/江口洋介、大沢たかお [カノンな日々]
あの『CASSHERN』の。もう一度リピート(笑)。あの『CASSHERN』の紀里谷和明監督が5年ぶりの最新作はやっぱり前作同様CGバリバリの映像みたいですね。でも『CASSHERN』は画面はくらいは台詞はボソボソだったのに比べるとこちらは明るくてちゃんと台詞も聞き取れそうです(笑)....... [続きを読む]

» GOEMON [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。紀里谷和明監督、江口洋介、広末涼子、大沢たかお、ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、奥田瑛二、中村橋之助、鶴田真由、りょう、藤澤恵麻、佐田真由美、福田麻由子、小日向文世、平幹二朗、伊武雅刀。一言でまとめてみると、この....... [続きを読む]

» GOEMON(天下統一試写会) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[GOEMON] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年38本目(35作品)です。 ワーナー・マイカル・シネマズ主催の試写会の招待券が当選したので、5月1日の公開に先駆けて見に行きました。 本能寺の変で織田信長(中村橋之助..... [続きを読む]

» 男は40歳から!/『GOEMON』 [movie-highway編集部!のブログ]
みなさまこんにちは! Movie-Highway 編集部のTannyです 宇多田ヒカルの元ダンナ(失礼!)、紀里谷和明監督の最新映画『GOEMON 』を観てきました! 主役の江口洋介と因縁関係にある大沢たかおと、そのふたりの戦いが見ものです。 しかしこの2人の戦いのシーン、とっ... [続きを読む]

» GOEMON [Sweetパラダイス]
健くんが出るということで「GOEMON」観て来ました出番が少ないのが残念です青年期を演じた健くん健くん、かっこいいよ〜演技もいいね〜もっとアクションシーンが見たかったです健くんファンは必見ですよー映像がCGだわ動きが人間離れしてるよ〜スケール大なところが面白...... [続きを読む]

« 小渕大臣の「子育て創生&安心プラン」 | トップページ | 1等! »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談