« 働く女性のワークシェアリング | トップページ | 「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」発足 »

2009年1月21日

舞妓さんのもっとも大切な3つの言葉

舞妓さんには、これだけ話せればお座敷が務まるといわれる3つの京言葉があるのだそうです。3つの言葉って何でしょう?

「おおきに」「すんまへん」の2つはすぐに思い浮かんだのですが、残りの1つがわかりませんでした。答えは「おたのもうします」なのだとか。

clip 舞妓さんのもっとも大切な3つの言葉
  - 東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの記事をもとに、3つの言葉をまとめてみると、以下のとおり。普段、京言葉に触れていないからかもしれませんが、こうやって並べてみると、「ありがとうございます」「申し訳ありません」「頑張ります」というよりもずっと、奥ゆかしくて芯がある言葉のように感じました。

  • 「おおきに」
     感謝の言葉
  • 「すんまへん」
     失敗を認めて明日へ踏み出すための言葉
  • 「おたのもうします」
     精一杯努力しますという気構えの言葉

いい言葉は、人をつくると思うshine

pencil このブログの関連記事(言葉関連)

« 働く女性のワークシェアリング | トップページ | 「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」発足 »

コメント

ご無沙汰しております。

>いい言葉は、人をつくると思う・・・

そうですね。いい言葉を選ぶことは、考えていないと出来ない。考えるのは、もちろん自分のことだけでなく、相手や社会のことも。でも、それを意識することなく、日々のことに追われている自分がいます。年を取るほどに、他人の言葉にむかつくことがあるくせに、自分には寛容になり、許容している厚かましさが巣くうようになっています。

>おおきに、すんまへん、おたのもうします

どれもつかえない京言葉で、使う実感がないけれど、自分が言われることを想像すると、とても快適な気がします。


★hattoriさん
コメント、ありがとうございました。
頂いたコメントを読んでいて思ったのですが、「人をつくる」のは、いい言葉だけではないのですよね。限界を与えないように、悪い方に傾かないように、といったように考えて、言葉を選んで使うことがスマートにできるようになりたいです。これもまたスキルなのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/43806050

この記事へのトラックバック一覧です: 舞妓さんのもっとも大切な3つの言葉:

« 働く女性のワークシェアリング | トップページ | 「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」発足 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談