« 『大自然からの贈物』展覧会&受験申込み | トップページ | 人のつながりが見える「あのひと検索 SPYSEE(スパイシー)」 »

2008年12月21日

100万人のキャンドルナイト 2008冬至

Mainvisual

寒くても ロウソクの灯りを
 温かく感じるのはなぜだろう。

素敵な灯りが
 皆さまのココロの中にともりますようにshine

でんきを消してスローな夜を
100万人のキャンドルナイト 2008冬至

 2008年12月21日冬至 20:00~22:00
 xmas 公式サイト: http://www.candle-night.org/

公式サイトの中で私が気に入った素材写真を、
CC(クリエイトコモンズライセンス)に従い、
何枚かお借りしてきました。

234938070_b8a63db219

100万人のキャンドルナイト。4043127014
我が家は、今年も参加します。
ロウソクの灯りってきれいだねって、
子どもたちと見つめるだけでもいいかも。
地球のために自分ができることを、
考えてみてもいいかも。

ファラデーの「ロウソクの科学 」を
息子に薦めるのは、まだ早いかな。

◆でんきを消してスローな夜を

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2008年の冬至の日、
 12月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで
 子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で
 生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
2008年、12月21日、冬至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

引用元: 100万人のキャンドルナイト 呼びかけ文

Candlenight_2006winter

Photo : 100万人のキャンドルナイト実行委員会
Creative Commonsライセンス:

Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported

pencil 関連情報へのリンク:

pencil このブログの関連記事:

  • 2006年夏至
    この年、ドイツで開催中だったサッカーW杯にちなんで、ドイツのロウソクを灯しました。
    ドイツのロウソクを灯す夜(2006年06月21日)
  • 2005年冬至
    この年の夏、家族旅行で北海道の新富良野プリンスホテルに泊まりました。そのホテルからプレゼントしていただいた、切り株とどんぐりの形をしたロウソクを灯しました。
    ろうそくの灯りで過ごす夜(2005年12月22日)

« 『大自然からの贈物』展覧会&受験申込み | トップページ | 人のつながりが見える「あのひと検索 SPYSEE(スパイシー)」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/43471254

この記事へのトラックバック一覧です: 100万人のキャンドルナイト 2008冬至:

« 『大自然からの贈物』展覧会&受験申込み | トップページ | 人のつながりが見える「あのひと検索 SPYSEE(スパイシー)」 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談