« ハロウィーンとかぼちゃの馬車 | トップページ | デジカメを修理に出して学んだこと »

2008年11月 1日

再び「三国志」を読んでいます

Bnr_redcliff_m2「三国志」の赤壁の戦いを描いた映画「レッドクリフ」。本日劇場公開ですね。映画「レッドクリフ」は、ジョン・ウー監督が「パイレーツ・オブ・カリビアン」のスタッフとともに作った映画。100億円という製作費も話題になっていますが、私が一番気になっていたのは、どんな諸葛孔明が描かれるのかということ。私、諸葛孔明が好きなのです。諸葛孔明を演じるのは金城武さん。私同様に意外に思った方も多いのでは。監督によれば、諸葛孔明は若い頃はとてもハンサムだったから、という理由でのキャスティングなんだそうですよ。

「三国志」は、社会人になった頃だったと思うのですが、何回も読みました。今回、映画「レッドクリフ」が公開されるということで、再び「三国志」を読み始めました。

4061965336私が持っているのは、吉川英治さんが書かれた三国志「吉川三国志」です。全8巻。“初めて三国志を読むなら「吉川三国志」がよい”とどこかで読むか聞くかして、「吉川三国志」を購入しました。「三国志演義」をベースに書かれているのだとか。他の方が書かれた三国志は読んだことがないのですが、三国志初心者だった私が面白く読めたし、読みやすい歴史小説だと感じました。ですので、私がオススメするならコレです。

10年以上、本棚に眠っていた本を改めて読みなおしているわけですが、風景描写とか、登場人物の描き方とか、素敵だなと感じます。文章を読んでいると、目の前にゆっくりと流れる河が見えるように思うこともあります。あれっ?この人、悪者だと思っていたのに、こんなすぐれた面もあったんだ。ただのワルじゃなかったんだ。と気付かせてくれる部分もあります。物語の舞台も登場人物も、生きているんです。昔読んだ時には、単純に、読みやすくて面白いとしか感じなかったのに。。。今初めて、「吉川三国志」の持つ本当の良さに触れることができているのかも。

さて。映画「レッドクリフ」に描かれているのは、三国志最大の戦いである赤壁の戦いです。「吉川三国志」では第5巻に書かれているはず。楽しみに読み進めていきたいです。できれば、息子にも読んでほしいなと思うので、さりげなく、他の本と一緒に積み重ねておくつもりです。

吉川三国志には、青色のりんどうの花が描かれています。添えられたりんどう。これがまたイイのです。

pencil 関連情報へのリンク:

« ハロウィーンとかぼちゃの馬車 | トップページ | デジカメを修理に出して学んだこと »

コメント

私も諸葛孔明=金城武!にびっくりした1人そして吉川三国志を読みました。
映画になるとどうなっちゃうんでしょう。
日本・中国・アメリカで三国志はそれぞれ感じ方が違うでしょう。その文化の違いに触れてみたいです。

★イナセなギンポさん
レッドクリフ、壮大な感じですよね。ジョン・ウー監督が描く三国志は興味ありです。
吉川三国志、お読みだったのですね~。今、読みなおしていますが、私が好きな諸葛孔明の登場も、赤壁の戦いもまだ先です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/42970144

この記事へのトラックバック一覧です: 再び「三国志」を読んでいます:

« ハロウィーンとかぼちゃの馬車 | トップページ | デジカメを修理に出して学んだこと »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談