« 5歳、6回目の運動会 | トップページ | 「陰山手帳2009」は10月3日発売! »

2008年9月29日

「仕事と生活の調和を考えるシンポジウム」、今秋全国で開催

Img2008092901厚生労働省が、この秋、各都道府県で、「仕事と生活の調和を考えるシンポジウム」を開催するそうです。※右の画像はポスター。

社団法人 全国労働基準関係団体連合会(全基連)のWebサイトで調べてみたところ、山梨県、茨城県などでは、ワーク/ライフコンサルタントのパク・ジョアン・スックチャさんが、岩手県、静岡県などでは、株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役の小室淑恵さんが、シンポジウムで講演なさるそうです。他にも、日本女子大学人間社会学部教授の大沢真知子さんや、富士通総研主任研究員の渥美由喜さんといった著名な方々が話を聞かせてくださるようです。これっていいかも。

info02 厚生労働省:地方における平成20年度の主な取組(仕事と生活の調和の実現)(2008年09月26日)
 → 開催日程各都道府県の問い合わせ先

      ◇      ◇      ◇

以前、他の記事でも書きましたが、セミナーや講演会に参加し、「話を聴くこと」は、おススメできます。※以下、再掲します。

おススメできる一つめの理由は、本やインターネット上の情報からでは得られない臨場感や雰囲気を体感できるから。二つめの理由は、目だけでなく耳からもインプットがあるので、理解度がアップするから。そして、三つめの理由は、自分の課題の解決のヒントが、話の中に含まれていたり、話を聴いている途中や後で思い浮かんできたりすることがあるから。

インプットを増やすことは、良いアウトプットにつながると思います。すぐには役立たなくても、意外なところで役に立ったりすることもあって(←経験上)。インプットしたことは、必要だと思ったときにいつでも取り出せるように、自分の引き出しの目につきそうなところに入れています。

まず、インプットを増やすこと。

pencil このブログの関連記事:

pencil 関連情報へのリンク:

« 5歳、6回目の運動会 | トップページ | 「陰山手帳2009」は10月3日発売! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/42629305

この記事へのトラックバック一覧です: 「仕事と生活の調和を考えるシンポジウム」、今秋全国で開催:

« 5歳、6回目の運動会 | トップページ | 「陰山手帳2009」は10月3日発売! »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談