« FOR THE TEAM | トップページ | 保育園の保護者会の役員、やります »

2008年4月18日

サステナビリティCSR検定の結果

3月に受験した「サステナビリティCSR検定」の結果が届きました。おそるおそる封筒を開けてみたら、、、

合格証が入っていました!happy01

Dscf0361s

合格ラインは、60問中48問。
私の正解は53問でした。ホッ(^^)

Dscf0359s

私は「消費者」と「従業員」という立場で受験しました。最近よく耳にする“CSR”という言葉。CSRを勉強したついでに、受験しちゃいました。CSRの基礎知識を、サステナビリティCSR検定でチェックした感じ。

受験会場では、空席がほとんどなかったことが印象的だったのですが、受験率は90.8%だったそうです。やっぱり高かったみたい。

◆第1回 サステナビリティCSR検定試験問題

CSR Forum JapanのWebサイトに、3月9日の第1回試験に使われた問題と、解答が掲載されています。第1回試験問題の全問が載っていますので、過去問題として、テストを知るのに役立つと思います。気になる方は、以下のリンクをたどってみてくださいね。

第1回 サステナビリティCSR検定 試験問題
  - CSR Forum Japan(PDFファイル)

◆CSRとは

CSRとは、Corporate Social Responsibilityのこと。日本語では、「企業の社会的責任」と訳されることが多いようです。

CSRとは、個人(市民:Citizen)と企業(Corporation)が自然環境および社会のサステナビリティ(持続可能性)を高め、自然と社会との共生を図ること。

「将来世代のニーズを損なうことなく、
 現代世代のニーズを満たす発展」

この説明が示していることは、限りある地球資源を現代世代が効率的に活用し、将来世代(子どもたち、孫たちの時代)の持続可能性を低下させず、住みよい社会を残していくということです。

引用元: サステナビリティCSR検定公式テキスト&問題集(はじめに、P.2)

◆CSRの基礎知識を身につける&受験対策(再掲)

4798010952私の場合、最初は、インターネット上の情報をあちこち見ていたのですが、やっぱり本が欲しくなってしまって。そこで購入したのが、「図解入門ビジネス 最新CSR(企業の社会的責任)がよーくわかる本 (How‐nual Business Guide Book)」です。分かりやすく書かれており、CSRの基礎を理解するのに役立ちました。この本を読み進めることで、CSRとは何か?なぜ必要なのか?ということを、一歩一歩、知識として蓄えることができました。

「食品の安全」「個人情報保護」「ダイバーシティ」「女性活用」など、日頃、消費者・従業員として気になっていることと、CSRとのかかわりについても触れられていました。

読み物としてもいいかも。これから、CSRを知りたいという方に、お勧めできる本だと思います。

4502417505受験対策としては、「サステナビリティCSR検定公式テキスト&問題集」(企業社会責任フォーラム)は必携です。第1回検定では、この本の予想問題集から、何問も出題されていました。試験に合格するためだけだったら、CSRの知識をお持ちの方であれば、公式テキスト&問題集だけで十分かもしれません。

公式テキストには、用語説明が載っていないものがあったので、初心者には、参考書が別に必要です。

pencil 関連情報へのリンク:

pencil このブログの関連記事:

« FOR THE TEAM | トップページ | 保育園の保護者会の役員、やります »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/40910429

この記事へのトラックバック一覧です: サステナビリティCSR検定の結果:

« FOR THE TEAM | トップページ | 保育園の保護者会の役員、やります »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談