« ワーク・ライフバランスの実現には「プレゼン力」が必要 | トップページ | 「ベネッセ ジュニアパーク」を使ってみました »

2008年3月 9日

サステナビリティCSR検定を受験してきました

今日は、「サステナビリティCSR検定」を受験してきました。

会場は、上智大学四谷キャンパス。駅から近く、大学までの移動時間をそれほど考慮しなくてもよかったので、初めて会場でも気持ちに余裕が持てました。

Dscf1023s

◆CSRとは

CSRとは、Corporate Social Responsibilityのこと。日本語では、「企業の社会的責任」と訳されることが多いようです。

CSRとは、個人(市民:Citizen)と企業(Corporation)が自然環境および社会のサステナビリティ(持続可能性)を高め、自然と社会との共生を図ること。

「将来世代のニーズを損なうことなく、
 現代世代のニーズを満たす発展」

この説明が示していることは、限りある地球資源を現代世代が効率的に活用し、将来世代(子どもたち、孫たちの時代)の持続可能性を低下させず、住みよい社会を残していくということです。

引用元: サステナビリティCSR検定公式テキスト&問題集(はじめに、P.2)

◆試験の感想

今日の試験で、何よりも驚いたのは、受験率の高さ!空席がほとんどといっていいくらい、ありませんでした。「サステナビリティCSR検定」は、今回が第1回だから、もしかしたら、CSR関係者とか興味がある方がきっちりと受けたのかもしれないなぁと思いました。

テストの内容を評価できるほどCSRのことに通じているわけではないのですが、CSRに関する基礎知識が身についているかをチェックできるのではないかと思いました。

試験時間は90分。60問を一通りやったところで30分。じっくりと見直したところで30分。最後の30分は余ってしまったので、自信のある設問を確実にするために、再度見直しするために使いました。後半の20分くらいは、時間をもてあまし気味な方が多かったように思えました。

私は「消費者」と「従業員」という立場で受験しました。最近よく耳にする“CSR”という言葉。CSRを勉強したついでに、受験しちゃいました。

試験の出来具合は、ボーダーラインくらいかな。自信があったのは60問中40問。合格ラインは80%なので、残り20問のうち、8問正解していれば合格できるという計算になります。4択問題なので、ナントカなるかもしれないなぁ。知っている問題はパッと答えがわかるのですが、逆に、知らない問題はまったく分からない。いくら時間があったとしても、どうにもならないのです。ですので、合格できるかは、微妙なところです。

本日の受験申込者は、710人だったとのこと。

2時間くらいの試験でも、開始時刻がお昼すぎだったりして、一日つぶれてしまうことがよくあるのですが、「サステナビリティCSR検定」は、11時40分には終了。おかげさまで、午後の時間を有効に使うことができました。

◆試験勉強

試験勉強には、通勤時間を使いました。

10月の情報処理技術者試験2月に受けた別の試験のときは、自宅での勉強時間をあてにしてしまい、勉強があまりできずにもどかしい思いをしていました。今回は、通勤時間が長いんだから、自宅では勉強できなくても仕方ないんだということを、自分に言い聞かせました。これで結構気が楽になりました。受験対策が十分だったとは言えないけれど、精神的には楽でした。少なくとも、今日はまだ泣いていないから(^^)

◆CSRの基礎知識を身につける&受験対策

4798010952私の場合、最初は、インターネット上の情報をあちこち見ていたのですが、やっぱり本が欲しくなってしまって。そこで購入したのが、「図解入門ビジネス 最新CSR(企業の社会的責任)がよーくわかる本 (How‐nual Business Guide Book)」です。分かりやすく書かれており、CSRの基礎を理解するのに役立ちました。この本を読み進めることで、CSRとは何か?なぜ必要なのか?ということを、一歩一歩、知識として蓄えることができました。

「食品の安全」「個人情報保護」「ダイバーシティ」「女性活用」など、日頃、消費者・従業員として気になっていることと、CSRとのかかわりについても触れられていました。

読み物としてもいいかも。これから、CSRを知りたいという方に、お勧めできる本だと思います。

4502417505受験対策としては、「サステナビリティCSR検定公式テキスト&問題集」(企業社会責任フォーラム)は必携です。第1回検定では、この本の予想問題集から、何問も出題されていました。試験に合格するためだけだったら、CSRの知識をお持ちの方であれば、公式テキスト&問題集だけで十分かもしれません。

公式テキストには、用語説明が載っていないものがあったので、初心者には、参考書が別に必要です。

Dscf1024s

◆ちょっと散歩

試験が終わった後、上智大学のキャンパス内をちょっと歩いてみました。右の写真は、クルトゥルハイム聖堂。敷地内には教会(上の写真に写っている、丸みのある建物)もあるんですね。

今日は、上智大学では、知的財産検定もあった模様。会場が上智大学だとわかっていたら、両方、受験できちゃったかも。

pencil 関連情報へのリンク:

« ワーク・ライフバランスの実現には「プレゼン力」が必要 | トップページ | 「ベネッセ ジュニアパーク」を使ってみました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/40437340

この記事へのトラックバック一覧です: サステナビリティCSR検定を受験してきました:

« ワーク・ライフバランスの実現には「プレゼン力」が必要 | トップページ | 「ベネッセ ジュニアパーク」を使ってみました »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談