« クリスマス・キャロル | トップページ | 「失恋休暇」と「バーゲン休暇」のある会社 »

2007年12月26日

笑顔の効果

D・カーネギーの『人を動かす』を読んでいます。

先日、「笑顔を忘れない」の部分を読んだのですが、ニューヨークのあるデパートが、クリスマスセール期間中に広告に載せたという文章が紹介されていました。その内容をいいな、と思ったので、以下に引用して紹介します。

クリスマスの笑顔

…略…

疲れた者にとっては休養、
 失意の人にとっては光明、
  悲しむ者にとっては太陽、
   悩める者にとっては自然の解毒剤となる。
買うことも、強要することも、
 借りることも、盗むこともできない。
  無償で与えて初めて値打ちが出る。

クリスマス・セールで疲れ切った店員のうちに、
 これをお見せしない者がございました節は、
恐れ入りますが、
 お客様の分をお見せ願いたいと存じます。
笑顔を使い切った人間ほど、
 笑顔を必要とするものはございません。

引用元: D・カーネギー「人を動かす

      ◇      ◇      ◇

「まずは笑うことにしているんです。
 そうすれば、きっといいことがあると信じているんです」
以前、同じチームだったAさん。
諸事情があって、かなり大変な状態で通勤していました。
笑顔。それが彼の秘訣とのこと。

「笑顔で明るく接してあげてくださいね」
家族に病気の人がいる時に、
お医者様や看護婦さんや経験者にそう教わり、
がんばって笑顔をつくった人もいらっしゃるのでは?

いいタイムが出るから、という理由で、
カール・ルイスが笑顔で走っていたのは有名な話。

知り合いのおじ様の撮る写真を見て、
温かな感じのする写真だなぁと思っていました。
そのおじ様が教えてくださった秘訣は、
「ニコニコしながらシャッターを切る」こと。

赤ちゃんの「天使の微笑み」に感動した、
お父さん、お母さんは多いはず。

知り合いだったおば様の病気の進行は、
他の同じ病気の方とは違っていたとのこと。
「どんなときにでもいい方向にとらえる、
 あなたのその性格がいい方向に働いたとしか思えません」
と大学病院の先生に言われたのだとか。

      ◇      ◇      ◇

上で引用させていただいた文章をいいなと思ったのは、
笑顔はお互いに与えあうものだということが、
最後の部分に書かれていたから。

笑顔。 効果は確かにあるのだと思う。

いつも笑顔を忘れずに。
笑顔になれないこともあるけれど、心がけていきたいです。

このブログの関連記事:

« クリスマス・キャロル | トップページ | 「失恋休暇」と「バーゲン休暇」のある会社 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/17479848

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔の効果:

« クリスマス・キャロル | トップページ | 「失恋休暇」と「バーゲン休暇」のある会社 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談