« 内閣府の少子化に関する意見募集結果(7~8月分) | トップページ | 多様就業型ワークシェアリングの取組方法 »

2007年10月 3日

「命の神秘によりそって/助産師・神谷整子」に関連して

ちょっと前のことになるのですが、8月末に、「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」で、助産師の神谷整子さんの放送がありました。
「命の神秘によりそって 助産師・神谷整子」
  第60回(2007年8月28日放送)

残念ながら、私は放送をみることができませんでした。そこで、関連記事をネットのあちこちで読んでみたのですが、これが良かった!私にとって、「学び」や「気づき」や「ふりかえり」がありました。

何を読んで、どう感じたのか、以下にメモしています。

◆生きることの本質

神谷整子さんの放送の関連情報について、あちこち調べてみました。その結果、番組を担当するNHKアナウンサーの住吉美紀さんと現場スタッフのブログ「すみきち&スタッフブログ」に書かれていた、以下の言葉が、私には一番ココロに響きました。

そこで茂木さんが、生きることの本質は、
自分でコントロールできないという事実を受け入れることだと発言した。
ほんとうにそう。
出産するもしないも、自分の健康も、仕事の運び具合も、コントロールできない部分がある。
あとは、そこからどう歩むかだ。
ひとりの人間として・・・。
引用元: すみきち&スタッフブログ「助産師 神谷整子さん」(2007年08月28日)

『生きることの本質は、
 自分でコントロールできないという事実を受け入れること』

この言葉に、考えさせられました。
受け入れきれていないです、私。。。
分かっていても、難しいコトの一つです。

これができるようになったら、
私は、どう、変わることができるんだろう?

◆自分が持つ「自然の力」を見つめなおす

「NHK番組 プロフェッショナル 仕事の流儀」でキャスターを務めるのは茂木健一郎さん。日経ビジネスオンライン(NBOnline)には、『茂木健一郎の「超一流の仕事脳」』という茂木さんのコーナーがあるのですが、そこで、神谷整子さんの放送に関連した記事を見つけました。

 出産に向き合うとき、女性はとことん自分を肯定するものだと神谷さんは言う。出産に関してとなると女性だけの話になってしまうが、何かを生み出すという視点でみると男女で関係はない。とことん自分を肯定しないと、本当に良いものは生み出せないのかもしれない。
引用元: 自分が持つ「自然の力」を見つめなおす (茂木健一郎の「超一流の仕事脳」):NBonline(日経ビジネス オンライン)

『自分が持つ「自然の力」を見つめなおす』

そういえば、思い当たることが。

私が妊婦だった頃、赤ちゃんを産むことは、とても怖いことだと思っていました。とにかく怖くて、雑誌の「たまごクラブ」でさえ、目にするのも嫌。プレママ関連情報は、まったく受け付けないことで、自分を怖さから守っていた時期がありました。これは、産前休暇に入る頃まで続いていました。

その気持ちをどうやって乗り越えたかというと。以下のように考えることにしてみました。毎日、寝る前に、繰り返し自分に言い聞かせ、意識するようにしました。このことで、怖さはかなり和らぎました。

 「太古からの流れの中に自分はいるのだ」
 「数え切れないほど多くの女性が、歩んできた道。
  私にもできるはず」
 「私には必要なチカラが備わっている」
 「赤ちゃんは自分のチカラで、ちゃんと生まれてくる。
  私はそれを邪魔しないようにしよう」

茂木さんの記事を読んで、自分が妊婦だったときのことを思い出しました。

◆“womb”の二つの意味

茂木さんの記事を読んで、思い出したことがもう一つあります。それは、“wombという英単語。

“womb”という英単語には、二つの意味があります。一つめの意味は「子宮」。二つめの意味は「物が発生する所、物が形成される所」。二つめの意味を知ったとき、なんて素敵なんだろうと思いました。深遠な感じがして、言葉を定めたのはやっぱり神様に違いないって(←考えすぎ ^_^;)。

子宮のことを英語で何というかなんて、実は最近まで知りませんでした。知ったのは、今年の春。映画「BABEL」(このブログの関連記事はこちら)のことを友達と話していたときのことでした。「BABEL」の撮影に使われたクラブの名前が「WOMB」だったから。

その他、今回、私が読んだ、神谷整子さん関連情報を、以下で紹介します。

すみきち&スタッフブログ「助産師 神谷整子さん」

NHKアナウンサー住吉美紀さんと現場スタッフのブログです。
上で引用させていただいています。

「NHK番組 プロフェッショナル 仕事の流儀」コミュニティ
 ※招待状は不要。要登録。

ビジネスパーソン向けSNS「BUSINESS SPACE(ビジネススペース)」にある、「NHK番組 プロフェッショナル 仕事の流儀」を応援するコミュニティです。コミュニティのトピックでは、取材の様子を知ることができます。今回の記事で紹介させていただいた、神谷さんの放送の密着取材の様子を記したトピックもあります。

プレママタウン プレママ特集

プレママタウンは、ユニチャーム、千趣会、和光堂、ソニー生命保険が運営している、プレママ向けポータルサイトです。プレママタウンの中にある、神谷整子さんを取材した記事は以下のとおりです。

REBORN産院リスト みづき助産院

神谷整子さんの産院です。

« 内閣府の少子化に関する意見募集結果(7~8月分) | トップページ | 多様就業型ワークシェアリングの取組方法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/16643255

この記事へのトラックバック一覧です: 「命の神秘によりそって/助産師・神谷整子」に関連して:

« 内閣府の少子化に関する意見募集結果(7~8月分) | トップページ | 多様就業型ワークシェアリングの取組方法 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談