« 松下の在宅勤務制度、利用者800人超 | トップページ | 二者択一構造変革に必要なコストは? »

2007年10月31日

ハロウィーンって何?

Happyhalloween今日は、ハロウィーンですね。

ところで、ハロウィーンって何か、ご存知ですか?子どもに質問されたらきちんと答えられないなぁ、と思ったので、調べてみました。

もともとハロウィーンは、キリスト教の「万聖節」の前夜祭です。万聖節は亡き聖人たちを祭るカトリックの行事です。また紀元前5世紀頃のケルト民族の歴が11月1日が新年であったため、10月31日がその大晦日でした。この2つが同時に行われるようになり、ハロウィーンとしてお祭りが行われるようになったようです。
ハロウィーンは死者の魂がこの世に戻ってくると考えられているため、キリスト教では10月31日~11月2日までを死者を慰める行事を行っています。All Hallow's EveがHalloweenと名前が変わっていったようです。
引用元: 起源と内容を詳しくご紹介! ハロウィーンって何? - [子供のための英語]All About

なるほど。死者の魂が戻ってくるという部分については、お盆に似ているのかも。

ハロウィーンということで、あちこちで、かぼちゃやおばけや関連グッズを見かけますが、本来の意味で、ハロウィーンのイベントをする人は、日本ではかなり少ないんじゃないかと思います。それでいいのでしょうけれど。

我が家の「かぼちゃを食べる日」は冬至ですが、ハロウィーンも追加することにしました。うちの子どもたちは、かぼちゃ入りのお味噌汁や、かぼちゃのミルク煮を作ってあげるとよく食べてくれます。さっき、保育園と小学校の給食の献立表を見てみたら、今日はどちらの給食にもかぼちゃは出ない様子。ならば、夕食のときに、かぼちゃを使おうと思います。

0709230099s

[上の写真: 近くのケーキ屋さんで買ったかぼちゃプリン]
[下の写真: 9月に行ったTDLで撮影]

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

« 松下の在宅勤務制度、利用者800人超 | トップページ | 二者択一構造変革に必要なコストは? »

コメント

死者の魂が戻ってくるからおばけなんだ。
かぼちゃなのはその季節のものを使うからでしょうね。
でしたらウチも今日はかぼちゃ料理にしましょう(^^)

★風花さん
コメント、ありがとうございました。風花さんは、かぼちゃプリン、作られたんですね。ブログの写真を拝見しましたが、おいしそうですね~(^^)
仮装の由来は諸説あるようですね。ハロウィーンは魔物がやってくる日だから、魔物にとりつかれないように仮装するという説もあると、ききました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/16927747

この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィーンって何?:

« 松下の在宅勤務制度、利用者800人超 | トップページ | 二者択一構造変革に必要なコストは? »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談