« Google Picasa ウェブアルバムを使ってみました | トップページ | デジタルデバイドが生む所得格差(情報通信白書) »

2007年7月 3日

幸せな1年後のためにできる簡単な質問

All About「子育ての悩み相談」ガイドサイトに、「幸せな1年後のためにできる簡単な質問」に関するガイド記事がアップされましたので、紹介します。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
[子育ての悩み相談]

Q:子どもには幸せになってもらいたいと思います。そのためにできることは何でもやろうと思っていますが、いざ行動するとなると何をすればいいのかわからなくなって困っています……。どうすればいいでしょうか。

子どもに幸せになってほしいと思わない親はいないですものね。果たして、ガイドの谷口さんの答えは?

A:「人は1年を過大評価して、10年を過小評価する」という言葉があります。子どもの幸せを考えるとき、適切なサイズで将来を思い描くことが大切です。この言葉は両親にもあてはまります。1年でお母さんやお父さんにできることを過大評価しがちで、10年でできることを過小評価する傾向があります。適切なサイズで子育てに取り組むことで、子育てのストレスを軽減することができます。
引用元: 幸せな1年後のためにできる簡単な質問 - [子育ての悩み相談]All About

家族で想い描く「こういうふうになったらいいな」という未来。それを実現させるためには具体的に何をしたらいいのか?それを家族で共有するにはどうしたらいいか?

どういう状態になったら、自分は幸せなのか?どうやったら、子どもの笑顔が増えるのか?といったように、自分に問いかけてみるといいんじゃないかと思います。自分が納得できる、自分にあった答えは、自分の中に必ずあるから。谷口さんのガイド記事は、その答えを導き出すためのヒントになると思います。

谷口さんのガイド記事で一番いいなと思ったのは、否定的表現を肯定的表現に置き換えることという部分でした。たとえば、「うそをつかない」を「正直である」に直すというように。これ、大事ですよね(^^)

ともあれ、まずは実践!
うまくいかなかったら、またチャレンジ。何回でも。

このブログの関連記事:

  • 親の話を聞こうとしない子どもの対処方法(2006年10月30日)
    [子育ての悩み相談]ガイドの谷口さんが、親の私たちが「なるほど」とうなづける道筋で、親子のコミュニケーション方法を示してくださっています。
  • 子どもを叱る時の心得(2006年08月24日)
    [幼児教育]ガイドの上野さんの「叱る時、やってはいけない10か条」のガイド記事を紹介しています。

« Google Picasa ウェブアルバムを使ってみました | トップページ | デジタルデバイドが生む所得格差(情報通信白書) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/15634430

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな1年後のためにできる簡単な質問:

« Google Picasa ウェブアルバムを使ってみました | トップページ | デジタルデバイドが生む所得格差(情報通信白書) »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談