« 6月の意見募集テーマは、マタニティマークとフィルタリング | トップページ | 夏の家族旅行を予約しよう!(1) »

2007年6月 6日

アマゾンに「ベビー&マタニティ」ストアがオープン

Amazon.co.jp(アマゾン)に、6月1日に「ベビー&マタニティ」ストアがオープンしたそうです。

Amazon.co.jpには、これまでも「おもちゃ&ホビー」に「赤ちゃんストア」(2005年09月)があり、赤ちゃんのおもちゃ、マタニティ用品、ベビーシューズ、絵本、出産お祝いギフトなどを扱っていました。その「赤ちゃん」ストアが拡大されて、「ベビー&マタニティ」ストアが誕生したのだそうです。

商品を使う人の時期別にカテゴリが設けられているのは、他のストアと同じです。例えば、「ベビー&マタニティ」ストアの「マタニティ」のページでは、インナー、アウター、マザーズバッグ、妊娠育児雑誌、マタニティ用品など、その時期に必要そうなものを、まとめて見れて、まとめて買えてしまいます。さらに、インナーは、“妊娠初期から使うもの”、“妊娠中期から使うもの”、“産褥期から産後に使うもの”といったように、商品がまとめられているので、選びやすいのではないかと思います。

ワコール、ピジョン、コンビ、アップリカなど、取り扱いメーカーが複数あるのもいいなと思います。例えば、B型ベビーカーのカテゴリを見れば、複数のメーカーのB型ベビーカーが一覧表示されるので、比較購入する際に便利かも。

現在、「ベビー&マタニティ」ストアのオープンを記念して、「著名人インタビュー」や「Amazonパパ子育て事情」のコーナーが設けられています。「Amazonパパ子育て事情」では6人の先輩パパさんの子育ての様子が紹介されています。一通り読んだのですが、6人6様でした。(当たり前ですね^^;) その中か、いくつかピックアップして紹介させていただきます。

  パパになって、一番困ったことは?

  • 自分が30歳で初めての子どもが生まれており、仕事にも責任が強く求められるタイミングで子育てが始まりました。子どもというより母親の事を考えると、少しでも近くにいてあげたいという気持ちと、仕事を成功させなければいけない重圧と、両方が重なってストレスフルな状況がつづきました。これは今でも一緒ですかね。。。
  • 子どもがなかなか寝てくれないこと。最初の2か月は、夜も20分毎に起きていたので、家内も自分もヘトヘトでした。この時期は色々な育児書を見ても”いずれ寝るようになる”と書いてあるばかりで、”気休めじゃないの?”と思ったりもしましたが、実際3か月を過ぎる頃になると、すやすやと眠るようになり一安心しました。
  • 僕の抱っこだと、上の子が寝なかったんだよね。僕がというより、妻が困ってた。

  理想の「パパ」像は?

  • 何事にも動じず、常に笑顔でいられたらと思います。(今の所おなか周りのみしっかりしていますが)
  • 娘が大きくなったときに、娘の友達から「お父さんカッコいいね」って言われるようになっていたい。
  • 『となりのトトロ』のサツキとメイのお父さん。
  • いつまでも子どもにとっての「尊敬する人」で名前が挙がる

  引用元: Amazonパパ子育て事情 から抜粋させていただきました。

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

« 6月の意見募集テーマは、マタニティマークとフィルタリング | トップページ | 夏の家族旅行を予約しよう!(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/15331056

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンに「ベビー&マタニティ」ストアがオープン:

« 6月の意見募集テーマは、マタニティマークとフィルタリング | トップページ | 夏の家族旅行を予約しよう!(1) »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談