« ピアノに愛された男「羽田健太郎」 | トップページ | 女性の起業支援専用サイト「わたしと起業.com」 »

2007年6月11日

「結婚と仕事の黄金バランス」とは?

日経 WOMAN (ウーマン) 2007年07月号」の特集は、『シングル1700人の不安vs共働き520組の真実 徹底比較でわかったハッピーセオリー 「結婚×仕事」の黄金バランス、見つけた!』です。

B000QUU7C0

『「結婚×仕事」の黄金バランス』がどのように書かれているのか知りたくて、読んでみました。

Part1 仕事との両立、家事分担
・ 仕事との両立は、夫婦関係がよければうまくいく 
・ 家事分担の理想バランス「6.5:3.5」の実現方法 
・ 共働きカップル7組の「結婚×仕事」の両立テク 
・ 適度な「ひとり時間」は結婚後も確保できる!
引用元: 日経 WOMAN (ウーマン) 2007年07月号 目次

目次の中に書かれている『「家事分担の理想バランス「6.5:3.5」』というのは、シングル女性が考える、夫と自分の「理想」の家事分担の割合の平均値です。自分が6.5で、旦那様が3.5とのこと。

これに対して、既婚者の回答の平均値は、自分が7.4で、旦那様が2.6。シングル女性の理想よりも女性側の負担が多いのですが、別のアンケート項目では、家事を負担に感じない女性は半数以上もいるし、両立の難しさを感じない女性も半数近くいるのだとか。

日経WOMANの記事によれば、「家事の負担感の少ない人ほど、お互いの仕事を理解し合い、できる範囲で家事分担している様子が見られた。」とのこと。このあたりがポイントなのでしょうね。

仕事と家庭の両立には相手との話し合いが不可欠で、そのためには、「自分がどう働き、どう生きたいのかを考えておくことが不可欠」というアドバイスが、一番印象に残りました。「自分がどう働きたいか」という質問にはすぐに答えられるけれど、「どう生きたいのか」というのは難しい質問かも。

ところで。

今回の特集の中で、私がもっとも興味深く見たデータは、「一番好きな人と結婚したか?」の項目でした。

Q. 結婚した夫は今までで一番好きな人だった?
A. はい: 58.7%  いいえ: 41.3%
引用元: 日経 WOMAN (ウーマン) 2007年07月号

シングル女性の希望(87.1%)よりは低い数値だけれど、58.7%もの女性が、一番好きな人と結婚できているのですね!素敵ですね~!

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

« ピアノに愛された男「羽田健太郎」 | トップページ | 女性の起業支援専用サイト「わたしと起業.com」 »

コメント

ちょうど立ち読みをしたばかりだったので、感想を。
多分バランスは多少変化しても、出産がなければ、「大きく変わる」ということはないだろうというのが私の意見です。子どもがいなければ、ある程度の「自分時間」は取れそうな気がするのですが。

記事はここのあたりのツッコミがすご~く甘い!という感じがしますね。子どもがいる場合は、自分の努力だけではどうにもならないことが出てきます。子どもの年齢や人数によっても変わってきますが、「日経WOMAN」だからそのあたりが甘いのはしょうがないのかなあ。

私もおそなえ餅1号さんと同じような感想をもちました。子供の人数、年齢でも全然ちがうし、祖父母との距離(同居とか)でも全然ちがってくるような気がします。もちろん、いろんな壁を乗り越えて、ハンデをもろともせず頑張っている働く母も多くいるので、一概にはいえませんが、パートナーとのバランスも、生き方も、働き方も、ライフステージで、なんども立ち止まって考える事もあるので、「やってみなけりゃわからない」みたいな、行き当たりばったり的な部分も多いんですよね。実際には。目標や希望はもっとも優先したいことをどこにおくかで違ってくるのかもしれないなあと思います。

そんな私、目下、ライフステージの行き当たりばったりの最中で仕事も育児も家庭も悩みまくってます(笑)。結婚した人が、一番好きな人じゃなくても、死ぬときに一番好きな人になってりゃ、それでいいかな?なんて。

★おそなえ餅1号さん
コメント、ありがとうございました!

> 記事はここのあたりのツッコミがすご~く甘い!
> という感じがしますね。

『「結婚しても、子どもがいなければさほど負担はないはず。両立の工夫が本当に必要になるのは出産後」と識者は口を揃える。』
と書かれている、4ページ後ろに、
『出産後はひとり時間の確保が難しくなるのは事実。』
と書かれているのですが、数値データとして載っているのは以下のとおり。
『結婚してもひとりで過ごす時間は確保している?
 はい:76.3%、いいえ23.7%』
ですので、子どもの有無がわからないので、出産後、ひとり時間が減っていることが納得しにくいなと思っていました。

★ちゃいさん
コメント、ありがとうございました。

> 子供の人数、年齢でも全然ちがうし、
> 祖父母との距離(同居とか)でも
> 全然ちがってくるような気がします。

そうそう、そんな感じですね。「大雑把に言えばそうかもしれないけれど、一概にそうとは言えないんじゃない?」という部分を、もうちょっと書いていてくれるといいな。

> 仕事も育児も家庭も悩みまくってます(笑)。

一気に三つ(仕事と育児と家庭)きちゃったんですね。
手ごわそうな雰囲気。

ちゃいさんのところに、よい風が吹きますように。

> 死ぬときに一番好きな人になってりゃ、それでいいかな?

年を重ねるごとに愛情が増していくって、素敵ですね。
逆のパターンはよく耳にしますけど、ね(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/15390562

この記事へのトラックバック一覧です: 「結婚と仕事の黄金バランス」とは?:

« ピアノに愛された男「羽田健太郎」 | トップページ | 女性の起業支援専用サイト「わたしと起業.com」 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談