« 2周年を迎えることができました! | トップページ | 大臣からの返事(企業における子育て支援制度・放課後子どもプラン) »

2007年4月12日

私がPTA役員になった理由

この1年間、小学校のPTAの役員をしてきています。
なぜ、5年生で役員をする決心をしたかというと、
6年生で役員をすると大変だと聞いていたからです。

役員決めがあったのは、
去年のちょうど今ぐらいの時期でした。。。

◆経験者のアドバイスに感謝

PTA役員という初めてことを乗り切れたのは、息子の親友のお母さんのバックアップがあったからです。2年前に学級幹事を務めた経験をもとに、茶話会の準備方法、懇談会の進行方法など、幅広く、具体的なアドバイスをくださいました。感謝しています。

また、数年前、偶然ネットで知り合った、同じ小学校に通う子どもを持つお母さんからも、フルタイム勤務の親が学級幹事することの心構えをアドバイスしていただきました。ありがとうございました!

同じクラスの保護者の皆さんに、助けていただいたこともありました。

◆会社の休暇制度変更が助けに!

半日休暇の取得可能回数が、2006年度から倍増しました。増えていなかったら、PTA活動への参加は、結構、厳しかったかも。

以下、昨年度の役員決めの体験談を紹介します。

◆役員決めって?

息子の通っている小学校では、クラスごとのPTA役員は、年度始めの懇談会で選出されます。卒業までの6年の間に最低1回は役員をすることになっています。役員を必ずしなくてはいけないのか、については、学校によって異なるようです。

息子の通っている小学校のPTA役員には、学級幹事、校外指導、広報、ベルマーク委員などがあるのですが、フルタイムで働いているお母さんができそうなのは、ある程度限られています。

活動回数が比較的少なめな役員には、立候補する保護者も多くいます。立候補者が多い場合には、ジャンケンで勝った人が役員になれます。つまり、ジャンケン大会で勝たなければ、活動回数が比較的少なめな役員にはなれないわけで。。。

ジャンケン、弱いんだ、私。。。

◆休めない会議と、ジャンケン大会が重なった!

活動回数が比較的少なめな役員になるためには、ジャンケン大会に参加しないといけないことを知ったのは、3年生の保護者をしていた時でした。ジャンケン大会に初めて参加したのは、4年生の保護者をしていた時。負けました。

そして、去年。5年生の保護者になったときのこと。6年生で役員をするのは避けたかったので、絶対に5年で役員をしたいから、役員決めの懇談会には行きたかったのに。。。

月1回開催される某全体会議の日と、役員決めのジャンケン大会が重なってしまいました!

たまたまその会議で、私が改善提案をすることになっていて、出席者のみなさんにOKを頂かなければいけなかったのです。その会議を休んで目立ちたくはなかったし、そうかといって、ジャンケン大会に行かなければ、6年生で役員することは必至だし。

どうしよう?!大ピンチ!!

◆強力な助っ人登場!

役員決めのジャンケン大会の日は、前もって、旦那様が会社を休むと分かっていたので、代理で懇談会参加できないか、お願いしてみました。

「お母さんたちばかりの懇談会なんだけど大丈夫?」
と確認。問題なし。行ってくれるとのこと。
「本当に女性ばかりだよ。それでもいいの?」
と念を押して確認。それでもやっぱりOKとのこと。
ありがたく、代理、お願いしました(^^)

これで一安心。少なくとも、ジャンケン大会には参加できるから、活動回数が比較的少なめな役員になる可能性が残されるものね。

◆ジャンケン大会の前夜、作戦会議

役員決めのジャンケン大会の前夜、
旦那様と息子と私の3人で作戦会議。

作戦1:
活動回数が比較的少なめな役員を2つ選択。その2回のジャンケン大会にまずは挑むこと。

作戦2:
2回ともジャンケンに負けてしまったら、フルタイムの働くママでもできそうな「学級幹事」に立候補する。それ以外は、活動頻度・時間帯を考えるとできなさそうだから。

この作戦を、3人で決めました。

◆ジャンケン大会当日の朝、再確認

昨日の作戦会議での決定事項を、3人で再確認。
抜かりなし。万全。安心して、出勤。

◆役員決めの結果

その日の夕刻、某全体会議の最中
ケータイに旦那様からのメールが着信。

学級幹事になったことを知りました。

ジャンケン負けたのね、仕方ないな。

ところが。

◆作戦は、実行されず。。。

帰宅後、役員決めの懇談会に参加してくれた旦那様の話をきいてみてビックリ!

私 「何人くらいでジャンケンしたの?」
旦那様 「・・・・・・」
私 「???」
旦那様 「ジャンケンには、参加しなかった」
私 「!!!」 「???」

作戦1は実行されていなかったのでした。
ジャンケン大会には参加しなかったとのこと。
なぜ?なぜ??なぜ???

旦那様に、理由をきいてみました。

  1. 役員をやるつもりがなかったから。だから、活動回数が比較的少なめな役員のジャンケンには参加しなかった。
  2. 学級懇談会に参加した男性は、学年で自分だけだったから、ジャンケンには参加したくなかった。
  3. 役員をまだやっていないのは、懇談会に来ている中では3人だけだと司会の人に言われ、その場の雰囲気で、自分が幹事をやることにした。

とのこと。
この話をきいて、さすがに、私、戸惑いました。。。

結果的に、学級幹事になることは覚悟していたものの、
ジャンケンに参加しなかったなんて。。。
さ、作戦は???(--;;;

この話を旦那様からきいた、息子と私は、
唖然として言葉を失ってしまいました。。。

上の三つの理由に対する私の気持ちは、以下のとおりです。

  1. 6年生で役員やると大変だから、5年生で役員やろうねと、家族で話していました。それがなぜ、突然、 「役員をやるつもりがなかったから。だからジャンケンには参加しなかった。」に変わってしまったのかが分かりません。。。
  2. 気持ちはとても分かります。男性一人だけでいづらかったのは、とっても理解できます。だからこそ、代理をお願いするときに、念を押したのに。
  3. 懇談会に参加しているお母さんたちの前で、なぜ旦那様本人が「役員を(自分が)やる」と宣言したのかが全く不明です。その場の雰囲気で、そう言うしかなかったらしいですが。。。

役員決めの懇談会で、旦那様は、
「妻でなく、自分が幹事やります」って、言ったそうです。
でもね、本当は、旦那様はやりたくなかったんですって。
もう、ワケわからん。。。意味不明。。。
なのに、私たちに怒鳴られても困っちゃうんですが(--;;;

◆でも、結果は同じ。よって、問題なし。

そんな意味不明な出来事もありましたが、もし私が参加しても、ジャンケンで負けて学級幹事になっていただろうから、結果だけみると問題なしです。覚悟は決まっていましたから(^^;

悲しかったのは、ジャンケン大会前夜の、家族の話し合いが無意味だったこと。話し合った結果はどこへいっちゃったんでしょうね?

経緯はともあれ、5年生までに、役員できてよかったです。

◆最後に

私の、2006年度のPTA役員としての活動は、今週末で一区切りです。もうひと踏ん張り!

この1年、いろんな経験ができて良かったなぁ、というのが素直な感想です。経験を積めたことと、いろんな方々に助けていただけた幸せに感謝。

このブログの関連記事:

« 2周年を迎えることができました! | トップページ | 大臣からの返事(企業における子育て支援制度・放課後子どもプラン) »

コメント

はじめまして。うーーん大変ですよね。でも
覚悟されて委員をこなされて、素晴らしいですね。今は仕事してますからって言っても皆さんなさってますから
もう逃れられないし、私も小1でしかたなしないやったのですがあとの5年間、気が楽でした。
でも中学に入ったらまた委員の選出が!
方法も変わって、くじ引きだそうです。くじ運悪いのですよ~~とほほ。なんなんでしょう?当たりたい時ははずれてはずれてほしいときは当てってしまうという
因果な運命は???とりあえず来週に迫っていて
今、どんよりした気分です!!35人中4人の確率です。
微妙ですねえ。
ご主人の対応は不可解だったかもしれませんねえ。
でも男の人ってそういうところがあるのかも。ウチの
旦那も似たような事がありましたから・・・・。でも結果良ければ全て良し!!としときましょうか。

フルタイムで働いていいても負担が少なく役員ができるといいですよね。
役員をやるのはとても楽しいですが、会議が平日午前中なので仕事をしていると負担です。
パートだと有給も無いし生活苦に陥っています。
午後だと幼稚園の子がいる専業主婦のママに厳しいんですよね。
夜の会議にも何度か出ましたよ。
立場が違うと負担に感じる場面も違うようです。

はじめまして。
同じワーキングマザーとして、共感したり参考にさせてもらいながら、楽しく読ませていただいています。

初めてのコメントで、失礼かと思いますが、もし、よかったら私のブログ(お母さんと子供の為の動画ブログ)と相互リンクしてもらえませんでしょうか?

おぉ・・・PTA役員ですか。
私もあと数年後には頭を悩ますことになりそうです。

そのときはWindyさんに相談に乗ってもらおうかな(^^;
同じくフルタイムで働くママとして。。

それにしても・・・
Windyさんの旦那様に対するコメントをいつも面白く拝見させてもらってます。
(本当は面白がっちゃいけないのですが・・・)
『旦那様』という呼称と『旦那様』に対するコメントのギャップがなかなか興味深いです(笑)

役員お疲れ様でした…。
私は今年も免除です。免除になったいきさつは、私のブログに書きましたが、未就園児がいるからというのはちょっと申し訳ないかも…ただ、打診された役が、周りから「大変よ~」と脅かされている○○役員という役だったので…。学級代表ならまだよかったのかもしれませんが。
うちの子の小学校の学級代表の選び方はヘンなので(だって、前年のクラス名簿から推薦するんですよ~。その人が同じクラスにくるわけじゃないのに)どうなっているのかはわかりません。中学はどうなんでしょうかね~。

★SESIRIAさん
はじめまして!コメント、ありがとうございました!中学校の役員選出のくじ引き結果は、いかがだったでしょうか?
SESIRIAさんは、一年生の保護者のときに役員をされたのですね。私も、下の子のときは、低学年で役員できるように努力してみようと思っています。五年生の学級幹事が六年生のPTA役員選びの司会をすることになっていて、これが結構しんどかったです。。。他のお母さん方の助けがあって、なんとか乗り切れましたけれど。
結果良ければすべて良し!としました(^^)

★まるこさん
コメント、ありがとうございました!
> 立場が違うと負担に感じる場面も違うようです。
PTA役員という立場になってみて、実感しました。仕事の事情、家庭の事情、いろんな事情がありますね。ホントに。

★おかあさんといっしょさん
コメント、ありがとうございました!
リンクの件、OKです。
また、読みにいらしていくださいね(^^)

★ことさんママさん
コメント、ありがとうございました!
PTA役員、やってみて、よかった面も多かったです。
良い経験になりました。
会社の半日休暇が倍増したことに助けられました(^^)

> ギャップがなかなか興味深いです(笑)

鋭い読みだったりするかも(^^;
旦那様は旦那様なりの頑張りをしてくれているんだと思います(^^)

★おそなえ餅1号さん
コメント、ありがとうございました!
小さいお子さんがいて役員するとなると、なかなか大変なんじゃないかなぁと思います。役員として活動する時間帯だけ考えると、私の場合、いつもどおり保育園に子どもを預け、役員の仕事が終わったら出勤すればいいのですが、預け先がないかたもいらっしゃいますものね。

役員さんだけに負担がかかりすぎるのは良くないんじゃないかな、みんなで助け合えるのがいいんじゃないかな、と役員決めの懇談会に出てみて、感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/14646712

この記事へのトラックバック一覧です: 私がPTA役員になった理由:

« 2周年を迎えることができました! | トップページ | 大臣からの返事(企業における子育て支援制度・放課後子どもプラン) »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談