« 倖田來未の「ストップ!いじめ」 | トップページ | [沖縄]体調不良を招いた理由 »

2007年4月28日

総務省、テレワーク利用対象者を拡大

総務省では、政府のe-Japan戦略では、「2010年までにテレワーカーが就業者人口の2割となることを目指す」という目標が掲げられています。その目標達成に向かって、総務省が率先してテレワークを実践してきています。その総務省では、5月から、テレワーク対象者が2000人に拡大されるそうです。

総務省職員のテレワーク制度は、昨年10月からスタートしています。対象者を「育児・介護に携わる職員」に限定していたため、テレワーク制度の利用者は7人に留まっていたそうです。

5月からは「育児・介護に携わる職員」の枠が取り払われるとのこと。これによって、テレワーク制度の利用者がどのくらい増えるのか、興味があるところです。

総務省職員によるテレワークの拡大
  総務省では、これまで育児・介護に携わる職員によるテレワークを実施してきました。
  今回、テレワーク実施状況を把握・検証し対象の拡大について検討を行った結果、 総務省職員によるテレワークについて、5月から「育児・介護に携わる職員」という限定を外し、対象を本省(中央合同庁舎二号館)に勤務する全職員に拡大することを  第3回総務省テレワーク推進会議(4月23日開催)において決定しました。
引用元: 総務省(報道資料)

私の勤めている会社は、テレワーク制度の導入検討中。もし実証実験するなら、喜んで実験に参加しちゃいます(^^)/

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

« 倖田來未の「ストップ!いじめ」 | トップページ | [沖縄]体調不良を招いた理由 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/14870122

この記事へのトラックバック一覧です: 総務省、テレワーク利用対象者を拡大:

« 倖田來未の「ストップ!いじめ」 | トップページ | [沖縄]体調不良を招いた理由 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談