« 母乳育児を成功させるための十か条 | トップページ | 進級準備 »

2007年3月18日

「休日に寝だめ」は逆効果

調査結果によれば、
休みの日に遅くまで寝ている人ほど、
不眠や抑うつを訴える割合が高いのだそうです。

これは、いい調査結果ですね!
旦那様に健康的な生活を勧めるのに役立ちそう。

「共働き家庭なのに、休日に休めるのは旦那様だけ。」
という状況の解消にも役立つかも。

「休日に寝だめ」は逆効果
=平日差大きいほど不眠、抑うつ-働く人の睡眠調査

普段の寝不足、休日に補えません-。休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いことが17日、働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった。平日の睡眠時間の短さは、抑うつと強く関連していた。
 同助教授は「時間が不規則だと熟睡感が得られない。良い睡眠のためにはできるだけいつも同じ時間に起きることが重要」としている。
引用元: 時事ドットコム

この調査結果によれば、働く人の平均睡眠時間は、
平日6.1時間、休日7.3時間なのだそうです。

調査対象は、首都圏で働く35~59歳の人だったそうですが、
男女比が気になるところです。
夜中の騒音(いびき)被害にあっている奥様も多いと聞きますし。
子育てで、睡眠時間が分断されている人も多いはず。

ところで、私、仕事が忙しかった時期に、「ねむログ」というサービスを使って睡眠時間を記録したことがありました。ある週の平均睡眠時間は3.7時間、その月の平均睡眠時間は4.1時間という結果が!
子どもの頃からずっと、私は寝つきが悪いのですが、それにしても、さすがに、なんとかしなくては、と思いました(ーー; 睡眠時間が短いうえに、夢見が悪くって。しかも、怖い夢が多くて、寝るのが怖くなってしまって悪循環だったり(^^;

皆様、快適な睡眠を!

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

« 母乳育児を成功させるための十か条 | トップページ | 進級準備 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/14300942

この記事へのトラックバック一覧です: 「休日に寝だめ」は逆効果:

» 「休日に寝だめ」は逆効果 [とんみんくん]
 普段の寝不足、休日に補えません−。休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いことが17日、働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった。平日の睡眠時間の短さは、抑うつと強く関連していた。 [続きを読む]

« 母乳育児を成功させるための十か条 | トップページ | 進級準備 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談