« 紙おむつで小さな命が守れる「パンパースママ募金」 | トップページ | インターネット人権相談窓口がオープン »

2007年2月24日

小児科クリニック併設幼保園に資料請求してみました

Dscf0960s小児科クリニック併設の認定こども園として話題になっていた夏見台幼保園(夏見台保育園&夏見台幼稚園)の資料を、取り寄せてみました。転園は全く考えていないのですが、興味があったので。

■幼稚園の資料について

上の写真の、一番左に写っている「働いたって大丈夫。」の資料は、幼稚園の資料です。幼稚園に預けようとしている保護者の方々に対して、「働いたって大丈夫。」とメッセージを送ってくれているわけですね。

幼稚園の入園案内をじっくり見たのは今回が初めてです。我が家は共働きの核家族家庭。働いていると幼稚園のお迎えの時間には間に合わないし、幼稚園は夏休みや冬休みがあるし、というわけで、働く私の、子どもの預け先の選択肢には入ったことがありませんでした。

幼稚園の入園案内の、「入園時にかかる費用」と毎月かかる「費用について」と「その他の経費」の部分を読んだ結果、「娘が小学校に入るまでは頑張って働こう」、そして「娘には保育園に通ってもらおう」と決心しました。幼稚園はお金がかかるとはきいていたけれど、ホントなんですね(--; 助成金も出るようですが、万が一、幼稚園に通うようなことになった場合(ないと思うけど)に調べることにします。

■保育園の資料について

保育園の入園案内は、船橋市が作成した、他の保育園と共通の内容でした。

「こどもが熱を出したら、どうしよう…」
「残業で約束の時間までにこどもを迎えにいけない…」
「出産をあきらめようか、
 それとも会社勤めをあきらめようか…」

ご安心下さい。
働く女性の不安を解消する夢の施設が
もうすぐ産声を上げます。
日本初、小児科クリニック併設の幼稚園&保育園です。
こどもが熱を出したときこそ
こどもの体調が悪いときこそ
私たちにお預け下さい。
引用元: 学校法人三橋学園 夏見台幼稚園&夏見台保育園

開園に向けて、準備は着々と進んでいるようですね。

このブログの関連記事:

1年前の今日の記事:

« 紙おむつで小さな命が守れる「パンパースママ募金」 | トップページ | インターネット人権相談窓口がオープン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/14028457

この記事へのトラックバック一覧です: 小児科クリニック併設幼保園に資料請求してみました:

« 紙おむつで小さな命が守れる「パンパースママ募金」 | トップページ | インターネット人権相談窓口がオープン »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談