« 沖縄多良間島:日本一の子だくさん | トップページ | おむつを換える男たちが世界を変える »

2007年1月 3日

「食育白書」が公開されました

初めての「食育白書」が、2006年12月27日に、
内閣府の食育推進のページから公開されました。

平成18年版食育白書(概要)
平成18年版食育白書(全体版)

政府が食育白書を閣議決定したのは11月24日。
公開まで、約1ヶ月間、待ちました(^^;

さて、「食育白書」の全体版はかなりの分量がありましたので、閣議決定されたときにニュース記事で取り上げられていた、『食生活の変化』について、該当箇所を読んでみました。

1) 毎日一緒に夕食をとる家族の割合は1976年に36.5%だったのが、2004年には25.9%まで低下。同年の調査では「週2、3日」との回答が36.3%で最も多かった。

 → 図表-5 家族そろって夕食をとる頻度

2) 小中学生の朝食の欠食率は3%程度にとどまっているが、05年度の調査では小学生で2割、中学生で4割が「自分ひとりで」朝食をとると答えている。

 → 図表-6 いっしょに朝食をとる人

また、「孤食」と「個食」について書かれていたため、その違いを知ることとなりました。

  • 「孤食」
    家族が暮らしている環境下においても子どもだけで食事をとること。
  • 「個食」
    家族一緒の食卓で特段の事情もなく別々の料理を食べること。

「孤食」は絶対にしないように心がけたいと思います。
「個食」も、なんか、寂しいなぁ。

平成18年版食育白書(本編)
食育推進にいたる背景と取組の本格化
第1章 「今なぜ食育なのか」
第1節 食をめぐる現状と課題
(食の変化)
…中略…
 食を通じたコミュニケーションは、食の楽しさを実感させ、人々に精神的な豊かさをもたらすと考えられることから、楽しく食卓の機会をもつように心がけることは重要であるが、昨今、生活時間の多様化、単独世帯の増加等とも相まって、家族等と楽しく食卓を囲む機会が少なくなりつつある(図表-4、5、6)。家族が暮らしている環境下においても子どもだけで食事をとるいわゆる「孤食」や、家族一緒の食卓で特段の事情もなく別々の料理を食べるいわゆる「個食」が見受けられる。
引用元: 内閣府 - 食育推進 > 食育白書 > 平成18年版食育白書(本編)

このブログの関連記事(食育関連):

  • 初めての「食育白書」(2006年11月24日)
    健康的で規則正しい生活を送ることの大切さって、子どもに分かってもらうよりも、大人に分かってもらうことの方がかなり大変かも。
  • 親の朝食習慣、子どもに影響(2006年07月03日)
    親の生活習慣や生活体験が、子どもの生活習慣に影響を与えているという、「乳幼児栄養調査結果」について紹介しています。
  • 子どもの心を育てる「おうちごはん」(2006年01月21日)
    基本は「おうちごはん」だと考えています。外食を楽しむためにも必要だと思うので。
  • 「早寝早起き朝ごはん」運動(2006年06月01日)
    早寝早起き朝ごはんのメリットについて紹介しています。
  • 「食育基本法」成立(2005年06月11日)
    食育基本法が成立したときの気持ちを書いています。親も子供と一緒に、「食育」、考えます。

関連情報へのリンク:

« 沖縄多良間島:日本一の子だくさん | トップページ | おむつを換える男たちが世界を変える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/13293115

この記事へのトラックバック一覧です: 「食育白書」が公開されました:

« 沖縄多良間島:日本一の子だくさん | トップページ | おむつを換える男たちが世界を変える »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談