« 第二回全国一斉!日本語テスト | トップページ | 日東コーナーハウスでアフタヌーンティ »

2007年1月13日

働かない人間の理屈

「働かないことを正当化する人」を
家族に持つ人は大変だと思う。
働かない本人は、
周囲の人たちから同情してもらったりするのだけれど、
働かない人を支えている家族の頑張りは、
案外、認めてもらえなかったりするからだ。

というわけで、遥洋子さんの意見に賛成。

働かない人間の理屈
…中略…、「働かない人間は、弁が立つ」ということ。それぞれに何故自分は働かないのか立派な理屈を持っているのだ。
…中略…
 要は、働くか働かないか、ではなく、働かないことを正当化するかしないか、のようだ。
 仕事しない人間がそこに安住しようとした時、共通して磨き上げているのは正当化するテクニックだ。狡猾な人間ほど家族も含めた組織全員が反論できないまでの、緻密な理論を練り上げる。
 その労力と時間を本来の仕事に回せば、正当な収入を得られるのに・・・と私なんかは思う。
引用元: NBonline(日経ビジネス オンライン):遥洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」

「立派な理屈」なんていらない。
働けるのであれば、働こう。
親の姿勢を、子どもたちは見ているのだから。

« 第二回全国一斉!日本語テスト | トップページ | 日東コーナーハウスでアフタヌーンティ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/13462581

この記事へのトラックバック一覧です: 働かない人間の理屈:

« 第二回全国一斉!日本語テスト | トップページ | 日東コーナーハウスでアフタヌーンティ »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談