« 代理出産の意識調査実施へ | トップページ | 携帯SNSが人気 »

2007年1月18日

「ワーク・ライフ・バランスに不満」日本が1位

仕事と生活のバランスに不満を持つ人の割合が、
日本では多いことが分かったそうです。

調査結果によれば、 ワーク・ライフ・バランスに不満がある国は、
少子化傾向があるのだとか。
ということは、ワーク・ライフ・バランスを改善できれば、
少子化に歯止めがかかるのでは?

と思いつつ引用元の記事を読んでいたら、
「自ら環境改善を試みる人が少ない」のが
日本の傾向なのだとか。
この傾向が顕著に出ているのなら、
少子化対策として打つべきテが、一つ、明確になったのでは?

それは、ワーク・ライフ・バランスの改善かも。

「ワーク・ライフ・バランスに不満」日本が1位、
少子化にも反映か

 仕事と家庭の調和(ワーク・ライフ・バランス)に不満を持つ人の割合は世界24カ国のうちで日本が1番多く、それに対する改善を試みたことがない人の割合は同じく2位、それが少子化にも反映している可能性が高い――調査により、こんな結果が明らかになった。
…中略…
 調査結果によると、ワーク・ライフ・バランスについて「うまくとれている」という回答の割合が低かったり、「全く満足していない」という回答の割合が高い国は、日本、韓国、ギリシア、ポーランド、ドイツ、ロシア、スペインなど。これらは合計特殊出生率が1.3以下で少子化の傾向がある国々だ。そこで、仕事と家庭の調和と少子化には相関関係があるとスミスではみている。
…中略…
 また、日本の特徴として、自ら環境改善を試みる人が少なく、不満を感じながらも行動に移せず我慢してしまう傾向がある。
引用元: ITmedia Biz.ID ニュース

バランスの取れていない状態が、「そういうもの」として当たり前の状況で、だから、改善しようという気持ちになっていない人もいるのでは。そういった場合、まずは、現状認識からスタートする必要があるかも。

このブログの関連記事(ワーク・ライフ・バランス関連):

« 代理出産の意識調査実施へ | トップページ | 携帯SNSが人気 »

コメント

不満はあっても我慢しちゃう、ですか・・・。うーん、なんか分かる気が。職場の雰囲気によっては、言い出せない部分もあるのかも。

「ワーク・ライフ・バランス」を考えることは、子育て家庭だけの問題ではなく、介護やスキルアップをしたいという人にも有効なんじゃないかと思います。私はまだ、介護に直面してはいないのですが、親が直面したのを見ていて、「これは厳しいな」と感じることも結構あるので・・・。
でも言われたことあるんですよ、私。「仕事も、家庭もなんてわがままだ、贅沢だ」って。う~ん、そういえば私の業界、離婚経験者も多いです。結婚しない人も、子どもを持たない人も・・・。私は全部欲しいので大変中途半端な仕事の仕方になってしまっていますが、それはそれでものすごい葛藤があるんですよね。(結婚しないでバリバリ仕事ばかりしていたら、素晴らしい実績が残せるか?というと、それは別問題なような気もするんですが・・・)

私も、仕事も結婚も子供も全部欲しい派です(^^;
確かに他の人と比べたら、仕事にかける時間の割合は少ないかもしれないけど、それでも私にしかできないことがある、と思ってがんばってます。
幸い、今の職場は私の気持ちをよく理解してくれているので大変仕事しやすいです。
自分のため、職場のみんなのため、家族のために仕事続けたいです。
もし、こんな私が他の人達に認めてもらうことができて、同じように結婚・出産しても働き続けてくれる人が現れたら、これ以上嬉しいことはありません。

★ おそなえ餅1号さん
コメント、ありがとうございました!

> 子育て家庭だけの問題ではなく、介護やスキルアップをしたいという人にも有効なんじゃないかと思います。

子育てはある程度プロセスが見えますが、介護はずっと厳しいんじゃないかと考えています。私自身には経験がないのですが、人から聞いた情報から推測すると、相当厳しいものではないかと。

「子育て、大変ですね」と話しかけられるといつも答えに困ってしまう。
私は子育てを大変だとは思っていないし、仮に大変だったとしても、私の状況よりももっと大変な人は沢山いるって思うから。

> 仕事も、家庭もなんてわがままだ、贅沢だ」
…中略…
> 私は全部欲しいので

今までずっと、私は贅沢だとかって思っていませんでした。でも、他の人からみるとそういうふうに見えるのかもしれないですね。。。

★ことさんママさん
コメント、ありがとうございました!ことさんママさんの頑張りと姿勢が、理解のある職場を作り出しているのかもしれないなぁと思いながら、コメントを読ませていただきました。

> それでも私にしかできないことがある、
> と思ってがんばってます。

これ、私もです。周囲の皆さんに感謝しつつ、頑張りたいと思います。

私は「仕事も結婚も子供も全部欲しい派」じゃなかったんですけれど、自分の道を模索しているうちにそうなってしまっているかも。「ワーキングマザーは欲張り」という文章をたまに目にしますが、ワーキングマザーはそういうものだとカテゴライズされてしまうと悲しい気持ちになります。欲張っているつもりはないんだけれどなぁって。でも、そう見えちゃうというのも理解できます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/13554351

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワーク・ライフ・バランスに不満」日本が1位:

« 代理出産の意識調査実施へ | トップページ | 携帯SNSが人気 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談