« SHINJUKU サザンライツ | トップページ | 100万人のキャンドルナイト 2006冬至 »

2006年12月18日

絵本「ラヴ・ユー・フォーエバー」

ラヴ・ユー・フォーエバー」は、娘のお気に入りの絵本です。
祖父母からプレゼントしてもらいました。

「絵本、読もうか。好きなの1冊、持っておいで」と言うと、
最近、娘は、決まってこの絵本を持ってきます。

★注意事項★
以下で、「ラヴ・ユー・フォーエバー」の内容に触れています。
これからお読みになる方で、内容を知りたくない方は、
ネタバレの部分がありますので、以下の記事はご遠慮くださいね。

この絵本の中では、生まれたばかりの赤ちゃんが、
2歳になり、9歳になり、ティーンエイジャーになり、
青年になり、父親になっていきます。

その物語の中で、親の愛情が描かれています。
愛が伝えられていく様子が描かれています。
それが、結構いいかも。

子どもたちに読み聞かせているうちに、
絵の素晴らしさにも気付きました。
この本を読む機会があったら、
ぜひ、絵も、注意して見てほしいなと思います。

赤ちゃんが育った家の窓枠の色は緑色。
その窓の外に見えるのは、お月様と桜の木です。

赤ちゃんの成長に伴って、
お月様の大きさが、満月、半月、三日月へと変わっていきます。
お月様の大きさは、何を表しているのでしょうか?

赤ちゃんの成長に伴って、
窓の外の桜の木が、大きく育っていきます。
赤ちゃんが大人になったときには、満開の桜の花。
そして、お母さんがおばあちゃんになった時には、
秋色に色づき、葉を散らしています。
桜の木は、何を表しているのでしょうか?

お月様と桜の木の変化に自分たちで気付くように、
子どもたちに読み聞かせながらフォローしました。
子どもたちは変化に気付くだけでも十分ですが、
親の私は、その変化の意味することが何かについても
考えました。

─── ◇ ─── ◇ ─── ◇ ───

私の感想。

「ゆらーり、ゆらーり、ゆらーり、ゆらーり」と、
赤ちゃんを抱きしめるような気持ちで、
子どもたちの成長を支えてあげられるといいなと思いました。

どこにも諭すような言葉は見当たらないけれど、
やさしく諭されたように感じた絵本でした。

4265800815 ラヴ・ユー・フォーエバー
ロバート マンチ 作
乃木 りか 訳
梅田 俊作 絵

岩崎書店 1997-09

« SHINJUKU サザンライツ | トップページ | 100万人のキャンドルナイト 2006冬至 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/13106842

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本「ラヴ・ユー・フォーエバー」:

» 飛び出す絵本 ロバート サブダ プレゼント [Red Tree Cafe]
去年のクリスマスに、5歳の息子にプレゼントしました。息子にプレゼントという名目で、実は僕が欲しかったのですが・・・そのくらい、この飛び出す絵本はすばらしい作品です。作者は ロバート サブダ。僕の家にあるロバート サブダは、「DINOSAURS」恐竜のやつです。かっこいい!!... [続きを読む]

« SHINJUKU サザンライツ | トップページ | 100万人のキャンドルナイト 2006冬至 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談