« 総務省のテレワーク制度関連情報 | トップページ | 少子化担当大臣に高市さん »

2006年9月26日

子育て支援で生産性が向上

「男性が育児参加できるワーク・ライフ・バランス
推進協議会」の第2回が、9月25日に開催されました。

「従業員の意欲を引き出し企業の活力を高めるには、
 仕事と生活を両立できる環境が必要」
という経営者向けの提言をまとめたのだそうです。
この提言を企業が受け入れたならば、
多様な働き方を認めていただけるかも。
子育てしたい男性従業員の満足度がアップするかも。

育児支援、企業の生産性にも寄与・厚労省、経営者らと提言
 経営者や有識者らが企業の労働環境の見直しを議論する厚生労働省の「男性が育児参加できるワーク・ライフ・バランス推進協議会」は25日、経営者に向けた提言をまとめた。「従業員の意欲を引き出し企業の活力を高めるには、仕事と生活を両立できる環境が必要」として、企業に子育て支援などを強化するよう呼びかけている。
…中略…
 協議会に参加した経営者らも、「多様な働き方を認めることが社員の意欲と能力を引き出し、企業業績の向上に結びつく」(北城恪太郎・日本IBM会長)などのメッセージを寄せた。
引用元: NIKKEI NET:主要ニュース

NIKKEI NETには上記の記事が載っていましたが、日本経済新聞夕刊(2006年09月25日)では、上記の内容に加えて、以下の「育児支援のメリット」が挙げられていました。

優秀な人材の確保・定着
 希望する生き方ができる環境は賃金やキャリアアップと並び人材をひき付ける
従業員の意欲・生産性の向上
 従業員から高い労働意欲を引き出し、創造性も高まる
仕事内容や進め方の効率化
 育児休業や短時間勤務は、職場の業務配分の見直しや業務の効率化につながる
引用元: 日本経済新聞夕刊(2006年09月25日)

「経営者に向けた提言」という点がいいですよね(^^)

このブログの関連記事:

« 総務省のテレワーク制度関連情報 | トップページ | 少子化担当大臣に高市さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/12042735

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て支援で生産性が向上:

« 総務省のテレワーク制度関連情報 | トップページ | 少子化担当大臣に高市さん »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談