« 「育児や介護に参加できる働き方必要」厚生労働白書 | トップページ | 子育てに正解はあるのか »

2006年9月10日

守ってくれる人の存在

P4220188s7月のある水曜日、以前、開発を担当していた製品に関する打ち合わせがあり、久しぶりに、昔、上司だった部長にお会いしました。相変わらず、ご活躍されているご様子。安心しました(^^)

打ち合わせの後は、
部長と昔のプロジェクト・メンバのみなさんと一緒に食事会。

この食事会の中で
部長がサラリとおっしゃってくださった言葉は、
私のココロにとても響きました。

「windyさんは、
 何でもできるから大丈夫だよ」

何もできない、何も分からないって、
感じることが多かったんだ。
このところずっと。。。

部長の言葉をきいて、
部下でいた頃のことを思い出しました。
いろんなシーンでずっと
守っていただいていたんだなって、
ココロの底から感じました。

部長には、入社以来、
部長が転社されるまでの長い期間、
ずっと育てていただきました。

Webサイト企画開発プロジェクトへの異動の話が
当時の本部長代理から私に来た時、
「入社した時から、何でもできるように育ててきました」
とご自分のプロジェクトから、
私を送り出してくださったのも部長でした。

旦那様転職!転勤!という時に、
私をテキトーな場所に異動する話が
人事部門から出されました。
まるで旦那様の付属品のように。
そのピンチの時、
「また僕のところで一緒に仕事してもらえませんか?」
とメールをくださったのも部長でした。
私のデキの悪さをよくご存知なのに。

…なんて、考えていたものだから、
食事会からの帰り道、
いろいろと思い出してしまって、
電車を降りてから玄関のドアの前まで、涙。
泣きながら歩いて帰ってきました(;_;)

守ってくれる人の存在は、大きかったなぁ。。。

今、改めて振り返ってみても、
感謝の気持ちでいっぱいです。

※日記の中では「部長」と書いていますが、
 今はもっと長い名前の役職になられています(^^;

« 「育児や介護に参加できる働き方必要」厚生労働白書 | トップページ | 子育てに正解はあるのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/11814954

この記事へのトラックバック一覧です: 守ってくれる人の存在:

« 「育児や介護に参加できる働き方必要」厚生労働白書 | トップページ | 子育てに正解はあるのか »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談