« 「海のふた」文庫本・出版記念展 | トップページ | アレルギーとの闘い »

2006年8月 7日

「家庭教育に関する国際比較調査」

国立女性教育会館から、「家庭教育に関する国際比較調査」の調査結果が発表されました。

この調査結果について、以下の引用記事のように、父親が子どもと過ごす時間の短さについて取り上げているニュース記事やブログを多く見かけました。それ以外にも、他国と比べたときの日本の傾向が表れている部分がありますので、その点について、紹介したいと思います。

 日本の父親が平日に子どもと過ごす時間は1日あたり3.1時間で、海外5カ国と比べると韓国に次ぎ下から2番目だったことが、「家庭教育に関する国際比較調査」でわかった。その時間の短さに悩む父親は41.3%で、10年あまりの間に13.7ポイント増えた。他国と比べると、1週間の労働時間が最長で、子どもの食事を世話する父親の比率が極端に低いこともわかった。
 独立行政法人・国立女性教育会館が調査をまとめ1日、発表した。対象は、日本のほか、韓国、タイ、米国、フランス、スウェーデン。昨年の上半期に、12歳以下の子どもを持つ親各1000人に実施した。
引用元: asahi.com: 父親、子どもとのふれあい短く 国際比較調査(2006年08月01日)

情報源は、国立女性教育会館のWebサイトに掲載されている「平成16年度・17年度家庭教育に関する国際比較調査」です。

■父親の出産立会いについて

スウェーデンは91.2%、アメリカでは86.8%と高い割合になっています。立会いするのが当たり前なのではないかと思える数値です。これに対し、日本は34.1%と低い数値。

日本 34.1%
韓国 27.6%
タイ 66.0%
アメリカ 86.8%
フランス 73.1%
スウェーデン 91.2%

今回の調査対象は、12歳までの子どもを持つ親でしたが、最近、父親になった人に関する調査結果をみると、「乳幼児の父親についての調査結果」では55.1%、「出産に関する全国調査」では52.6%ですので、日本でも立会い出産が増えてきていることがわかります。

■子どものしつけについて

「日本の親は子どものしつけに甘い。
 他国に比べて、自立するのが遅い。」
という結果が出たそうです。これは、前回調査(1994年)と変わっていないのだとか。しつけについて、最近、結構考えていたので、この調査結果は気になりました。

調査項目は以下のとおりですが、いずれの調査結果においても、日本の子どもができる(と思う)割合は、他国に比べて低いものです。

  • 5歳のときに一人でできる(と思う)もの
    • 日常のあいさつができる
    • 行儀よく食事ができる
    • 身体を清潔に保つことができる
    • 遊んだ後の片づけができる
  • 15歳のときに一人でできる(と思う)もの
    • 身の回りの整理整頓をする
    • マナーを守る
    • 家族のために食事を作る
    • 働いて報酬を得る

「働いて報酬を得る」について少し詳しく見てみると、アメリカでは81.3%ができると回答しているのに対し、日本は14.9%です。また、「家族のために食事を作る」の調査項目においても、日本は低い結果です。

機会を作ってチャレンジさせたり、自分でできることは親任せにしないことを実践させたり、そういったことを普段の生活の中に組み込んでいってあげるといいのかなと思うのですが。

■親になることの学習経験について

これについては、他の記事で取り上げる予定です。

国によって事情も文化も歴史もその他も違うので、他の国と数値を比べることに意味があるのかは疑問かもしれないですが、それよりも、国によって違うんだなということが分かったのがよかったかな。

このブログの関連記事:

 以下の記事で、父親の出産への立会いに関する調査結果について感想を書いています。

 以下の記事で、幼児の生活に関する他国との比較について、感想を描いています。

関連情報へのリンク:

« 「海のふた」文庫本・出版記念展 | トップページ | アレルギーとの闘い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/11312742

この記事へのトラックバック一覧です: 「家庭教育に関する国際比較調査」:

» 父親と子供のふれあい [スマイリーブログ]
 asahi.comの記事でお父さんと子供のふれあいに関する記事がありました。 番組名は、忘れましたがちょうどテレビでお父さんと子供のコミュニケーションに関するドキュメンタリーを見たばかりだったので目に留まりました。  日本のお父さんの平日に子供とすごす平均時間は3.1時間ということでしたが、これは私が思っていたより長い時間でした。夜八時に帰宅して夜2時間で次の日朝1時間という感じなのでしょうかね。  お父さんとしては、もっと子供と過ごしたいと思っているようですが、ご想像のとおり、仕事... [続きを読む]

« 「海のふた」文庫本・出版記念展 | トップページ | アレルギーとの闘い »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談