« 「家庭教育に関する国際比較調査」 | トップページ | 現代版「お下がり」を楽しめるWebサイト »

2006年8月 8日

アレルギーとの闘い

婦人公論 2006年8月22日号(8月7日発売)に、
『アレルギーとの闘い』
という読者体験手記が掲載されています。

〈読者体験手記〉
アレルギーとの闘い

・咳込む、痒がる、食べられない
  母子で三重苦を乗り越える   (主婦・45歳)
・職場ストレスでまさかの発症、
  傷だらけの肌が癒えた日   (無職・35歳)
引用元: 婦人公論 2006年8月22日号

先日、「長期の母乳育児はアレルギー予防に逆効果?」の記事を書いたのですが、この記事に頂いたコメントを読んで、アレルギーで大変な方々もいらっしゃることを再認識しました。

我が家は、旦那様が結構辛い花粉症。このため、娘の出産後、入院していた産院での調乳指導の時、アレルゲンをできるだけ少なくするために、ミルクアレルゲンが除去されている、特別な粉ミルクを使用してもいいですよと勧められました。どちらでも構わないということだったので、結局、高くなくて入手しやすい、普通の粉ミルクを使ってしまいました。。。

産院の調乳指導で、母親だけでなく父親がアレルギー体質かどうかも、関係があることを知りました。考慮しなければならないのは、母親側だけかと思っていました。きちんと知ることは大切ですね。

婦人公論の読者体験手記に綴られていた「アレルギーとの闘い」は、かなり辛そうな内容でした。読むのが辛かったくらい。
今のところ我が家では、アレルギーとの付き合いは花粉症だけで済んでいます。花粉症も辛いものですが、食物アレルギーを心配しなくていいことは、家族の食事を考えるうえで楽ですよね。学校や保育園の給食にも気遣わなくていいですし。

食物アレルギーは、花粉症と同じように、ある日突然、なることもあるとききました。ですから、ある程度は、アレルギーに関する知識を持っておくことは必要ではないかと考えています。

もうちょっと勉強しておこうかな、と思います。

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

専門家の指示で使う、ミルクアレルギーの赤ちゃん用粉ミルクには、以下のような商品があります。

« 「家庭教育に関する国際比較調査」 | トップページ | 現代版「お下がり」を楽しめるWebサイト »

コメント

アレルギーって、いろいろな種類がありますからね。当事者は本当にツライと思います。
私は子供の頃、とっても肌が弱く(アトピーではなかったですが)、すぐにかぶれたり水ぶくれができたりしてました。今でも、かぶれやすいのですが、子供の頃に比べたらマシになりました。そして、ゆうも肌が弱いんです。蚊のアレルギーや季節の変わり目の温度変化で蕁麻疹が出るなど、肌が弱いのは似てしまったようです。
耳の病気になりやすいのも私の遺伝かも。子供って鼻が弱いと耳の病気になりやすいんですよね?私がアレルギー性鼻炎なので、これはもう完璧に遺伝です。この辺はパパに似てほしかったのにぃ(泣)

★ゆうかチン♪さん
いつもコメントありがとうございます!
おっしゃるとおり、親も辛いですが、本人が一番辛いと思います。肌の弱さ、女の子だとなおさら気になってしまいますよね。皮膚科で、気にしすぎないようにと言われたことがあります。そうなんだろうなとは思うのですが、なかなか。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/11330879

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギーとの闘い:

« 「家庭教育に関する国際比較調査」 | トップページ | 現代版「お下がり」を楽しめるWebサイト »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談