« 子どもを叱る時の心得 | トップページ | 「明日の神話」と「夏の彩り展」 »

2006年8月24日

日本脳炎の新ワクチン、承認は2007年以降に

日本脳炎の予防接種が再開されるのは、もうちょっと先になりそうです。

日本脳炎の予防接種が見合わされたのは、2005年5月でした。1年以上が経ってしまったんですね。その頃、うちの娘は2歳になったところで、もうちょっとのところで予防接種をうけに連れて行ってしまうところでした。

私の住んでいる県で日本脳炎が発生したのは、10年以上前のことなのだそうですが、やっぱり心配。日本脳炎の新ワクチンは、医薬品の審査の優先審査対象になっているそうです。安全な新ワクチンが早くできてくれるといいなと思います。

日本脳炎の新ワクチン、承認は07年以降に
 重い副作用が報告され、昨年予防接種の勧奨が中止された日本脳炎をめぐり、当初は本年中とみられた新ワクチンの承認や供給開始が2007―08年ごろにずれ込むことが22日分かった。  副作用リスクが比較的低いとされる新ワクチンについて、国の審査機関が承認申請者の2つの財団法人に対し「有効性や安全性の検討にはより多くの症例数が必要」として、治験の追加実施を指示したため。  過去の予防接種禍を教訓に慎重を期した対応といえるが、日本小児科学会は「勧奨中止が長期にわたれば日本脳炎流行が危惧される」として厚生労働省に対し、ブタを対象とした流行予測調査を拡充することなどを求めている。
引用元: NIKKEI NET:社会 ニュース.

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

« 子どもを叱る時の心得 | トップページ | 「明日の神話」と「夏の彩り展」 »

コメント

こんばんは。
新ワクチンの承認が来年以降…ということで、
とても悩んでしまいました。
というのは、これから出発しようとしているパキスタンの隣国インドでは、
今でも日本脳炎が発症しているからです。
小児科に行き相談しましたが、旧ワクチンを接種するかどうかは、最終的に親の判断だということ。
年内に新ワクチンが導入されることを願っていたのですが…。
どうするべきか。難しいですね。

★umisora_earthさん
コメントありがとうございました!いよいよパキスタンに出発する日が近づいてきましたね。退職日も近くなり、お忙しいことと思います。
年内に新ワクチンが導入されると本当によかったのに。頂いたコメントを読んで、私がumisora_earthさんと同じ立場だったらどうするだろうと考え込んでしまいました。
小児科の先生に、「最終的には親の判断ですよ」と言われたことが何回かあります。その度に「専門家の先生でなく、私が決めるんですか?」と戸惑いました。お医者様は「親が判断」できるようにいろいろと教えてくださるのですが、かなり迷って判断した記憶があります。難しいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/11568015

この記事へのトラックバック一覧です: 日本脳炎の新ワクチン、承認は2007年以降に:

« 子どもを叱る時の心得 | トップページ | 「明日の神話」と「夏の彩り展」 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談