« 「仕事と生活の調和推進基本法案」検討中 | トップページ | 首都圏の鉄道各社がマタニティマーク配布 »

2006年7月26日

子供のいる部下の仕事が遅れがち。どう指導すべき?

Q.子供のいる女性部下の仕事が後れがち。
  どう指導したらいいでしょうか。

日経ビジネスオンラインのWorking Woman
キャリアセレブ塾の相談コーナーでは、
職場での仕事や人間関係に関する相談に
Webメンターが答えてくれます。

引用元の記事では、
「シングルマザーで時短勤務のAさんの
 仕事が滞りがち。どう指導したらいいか」
という35歳のマネジャーからの相談が
取り上げられています。

気になるその回答は?

回答の概要は、以下のとおりです。
引用元: 日経ビジネス オンライン - Working Woman キャリアセレブ塾

細川宏美さんの回答
A.甘やかさず、
  きちんとコミュニケーションして見守りましょう

田中雅子さんの回答
A.彼女の状況をきちんと把握し、
  男性マネジャーと調整しましょう

山岡正子さんの回答
A.本人のモチベーションが上がるように
  話してみましょう

回答の詳細は、引用元の記事をご覧くださいね。

山岡さんの回答の一部を以下に引用しています。
「多少ペースダウンせざるを得ない時期があること」
を、会社も、ワーキング・マザー自身も、
理解するし納得することが必要なのだと思います。

甘えずに、出来る努力はしていきたいなと
引用元記事を読んで感じました。
自分のためにも。

 今や、女性もいわゆる“腰掛け”ではなく、一生働き続ける時代が来ていますが、パワー全開で働く時期と、多少ペースダウンせざるを得ない時期があると思います。Aさんのように出産してから子供が就学する前の時期は、まさにこのペースダウンの時期だと言えるでしょう。これを越えれば、再び戦力として会社を支えていく一員になることをAさんに期待し、長い目で指導していくしかありません。かといって業務を滞らせるわけにはいかないので、一時的に補助的業務にまわってもらうことも必要かもしれません。

« 「仕事と生活の調和推進基本法案」検討中 | トップページ | 首都圏の鉄道各社がマタニティマーク配布 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/11101536

この記事へのトラックバック一覧です: 子供のいる部下の仕事が遅れがち。どう指導すべき?:

« 「仕事と生活の調和推進基本法案」検討中 | トップページ | 首都圏の鉄道各社がマタニティマーク配布 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談