« ソーピード、当たりました! | トップページ | 中田英寿選手が現役引退! »

2006年7月 3日

親の朝食習慣、子どもに影響

厚生労働省の「乳幼児栄養調査結果」によれば、
親の生活習慣や生活体験は、
子どもの生活習慣に影響を与えているようです。

調査結果によれば、以下のような傾向があるとのこと。
親の生活習慣を見直すことで、
子どものよい生活リズム作りにつながりそうです。

  • 朝食に欠食がみられる子どもは約1割。就寝時刻が遅くなるほど、欠食の割合は高率。また、親(母)の朝食習慣に欠食がある場合には、子どもも欠食の傾向。
  • 親(母)が子どもの頃に調理済み食品やインスタント食品を「よく食べた」と回答した者では、2人に1人がベビーフードをよく使用、4人に1人が子どもと一緒に週に1回以上が外食。

  引用元: 厚生労働省:「平成17年度乳幼児栄養調査結果の概要」について(2006年06月29日)

この調査結果では、ベビーフード使用の影響についても触れています。

例えば、ベビーフードを「よく使用した」と回答した人の子どもは、「遊び食い」「偏食する」割合が高いのだそうです。また、母乳だけで育てた場合、ベビーフードを「使用しなかった」人が多いのに対し、粉ミルクだけで育てた場合は、「よく使用した」と答える割合が高かったそうです。
このことからも、可能であれば、できるだけ母乳で育てることがよさそうですね。

私の場合、育児休職期間中は、離乳食を自分で作っていましたが、復職してからは、ベビーフードも使っていました。おでかけのときは、ベビーフードをよく使っていました。頑張りすぎる必要はないと思うので、ベビーフードや粉ミルクをうまく使いながら、育てていく、ということでいいんじゃないかと思っています。ベビーフードは、自分で離乳食を作るときの味付けのお手本としても使えますし。

このブログの関連記事:

« ソーピード、当たりました! | トップページ | 中田英寿選手が現役引退! »

コメント

なるほど。確かに、夜更かしすると朝は食べられませんよね。このあたりの話題もからめて、TBします。

常々、朝食は大事にしたいなぁと思いつつ、つい時間に追われてしまうのが現実になってます。以前記事にしたものがあるので、TBさせてください。
ベビーフードについては、同感です。使っていけないものではないと思うし、上手く息抜き的に使うことも必要かと。味が均一になるのが欠点のようですが、衛生面を考えると、外で食べるときや旅行のときは重宝しますよね。
私は、レバーやフルーツなど、家で使いにくい食材によく利用してましたー。粉ミルクは一切使わない完全母乳でしたが。

コメントとTB、ありがとうございます。

★おそなえ餅1号さん
「早寝早起き朝ごはん」が大切だと分かっていても、それを子どもたちに理解してもらうのは、なかなかうまくいかないです。
朝食、おにぎりにすると食べてくれたりしますよね。うちの息子の場合、時間がないときは、おにぎり持って登校していくことも(^^;

★makiさん
ベビーフードのレバーは、私もよく利用しました。親があまり好きではない食材ですので、重宝していました。
makiさんの記事、読ませていただきました。家族で一緒に食事するという環境が大事だと、私も思います。頑張っていきましょう!(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/10733305

この記事へのトラックバック一覧です: 親の朝食習慣、子どもに影響:

» 朝ごはん・給食について考える [魔法使いになろう!]
朝日新聞 6月19日朝刊の記事で、朝ごはんと給食についての意見が出ていました。(女子栄養大副学長 香川靖雄さん・福山平成大客員教授 鈴木雅子さん) 香川さんは「朝食は給食にしてでもとるべき」とのご意見、鈴木さんは「給食よりも家庭で取る習慣をつけることが大事」と... [続きを読む]

« ソーピード、当たりました! | トップページ | 中田英寿選手が現役引退! »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談