« 「認定こども園設置法」成立 | トップページ | 子どもが「いのち」と出会う夏 »

2006年6月10日

家事しない夫、共働きでも2割

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が2003年に実施した「全国家庭動向調査」によれば、「妻がフルタイムで働いていても夫の2割はまったく家事をしていない」という結果が出たそうです。

今朝はまだ、社会保障・人口問題研究所のWebサイトには、今回の「全国家庭動向調査」の結果は載っていませんでした。掲載されたら、もうちょっと詳しく読んでみようと思っています。
2006年06月12日追記: 掲載後の感想を、最後に付け加えました。

☆今日のランキングは?☆

今回の調査結果は、3年前に実施されたものです。「ここ数年が勝負」と言われている少子化対策の面からみると、もうちょっと早めに結果が出てくれた方が、調査結果を見て対策を講じる方々は助かるのではないかと思いました。(違う機関の調査結果をみるから問題ないのかもしれないけれど^^;)
この2年、とくに最近の1年は、制度・サービス面で子育て世帯には多少なりとも変化があったはず。最近のプラス方向の動向を踏まえてはいないことを念頭において、記事や調査結果を読まないといけないですね。(もしかしたら、たいした違いはないかもしれないけれど^^;)

 妻がフルタイムで働いていても夫の2割はまったく家事をしていない――。こんな実態が9日、社会保障・人口問題研究所が発表した「全国家庭動向調査」でわかった。

Tky200606090442  調査は03年7月、約1万4000世帯を対象に行われ、各世代の妻からの回答7771人分について分析した。
 夫婦の家事分担について、妻がフルタイムで働いている世帯では、夫がまったく家事に参加しない世帯の割合は20.6%にのぼった。1割以下しか分担していない世帯を合わせると全世帯の約半分に達した。
 専業主婦世帯では妻への依存度はさらに高く、35.3%の夫はまったく家事をしていなかった。
 育児では、子どもが1歳未満でもっとも手がかかる世帯でも、半数以上の夫が1割以下しか育児を分担しておらず、まったく育児に関与しない夫も9%いた。夫が育児に参加する割合が高いほど、妻が第1子を出産した後も仕事を続ける割合が高い傾向があった。
引用元: asahi.com:家事しない夫、共働きでも2割.(2006年06月09日23時07分)  ※グラフの出典も引用元に同じ。

共働きの子育て世帯で、旦那様の協力が得られない場合、働く母はかなり頑張っていますよね!

妊娠・出産・子育てのために、女性側の家事負担が多くなっていることや、働き方を変えることなどで悩んだりすることってありますよね。これって、旦那様には理解しにくいんじゃないかと思う、きっと。私たち女性は理解してほしいのにもかかわらず。
「旦那様には理解しにくいのでは?」という仮定が合っているとしたら、自分たち男性には理解しにくいことが女性には起こっていることを、まず理解してほしいな。つまり、「理解できないことの存在」を理解してほしいなぁ。

とはいえ、相手の気持ちを変えるのは難しい。。。

「母親なんだから…」という文化がぬぐいきれていない中、仲間同士で励まして、自分で自分を励まして、ネットで他のワーキングマザーの体験談や日記を読んだりして、私だけじゃないと励まされながら、頑張っていますよね!

子どもを抱きしめると伝わってくる柔らかな幸せ感や、子どもたちの笑顔は、辛いことを吹き飛ばしてしまうほど。自分のため(←コレ忘れないように!重要です!)にも、この子たちのためにも頑張ろうと、思ったりするわけです(^^) (だったら、女性が家事・育児するってことで問題ないだろう?とか、心ない旦那様に言われてしまいそうですが(--; )

もし辛いなら、「話す」ことは、結構、いい案。友達、カウンセラーなど、聞いてくれる人に話してみてもいいかも。
根本的な問題の解決には直接はつながらないけれど、気持ちが楽になるかも。

頑張り過ぎないように、頑張っていきましょう!

===== 2006年06月12日追記 =====
この記事を書いた時点では、まだ掲載されていなかった、第3回の調査結果へのリンクを追加しました。また、以下に調査結果を見た感想を追加しました。

上のニュース記事で触れられていなかった点を、少し紹介します。

妻がフルタイムで働いている場合、旦那様の頑張りが現れていると思われる結果も含まれていましたので、以下に引用します。

 妻の就業形態別では、妻が常勤で働く場合、夫の家事遂行率は、パート、自営業、専業主婦の夫よりも、すべての家事項目でもっとも高い割合を示している。ほぼすべての家事項目別の遂行率は前回に比べ低下しているが、妻が常勤で働く夫の場合は、逆に、「炊事」以外は、どの項目も上昇している(「炊事」についても、「食後の後片づけ」と代替すれば、前回を上回っている)。共働き家庭にける夫の家事遂行率は、多少改善している。
引用元: 第3回全国家庭動向調査 結果の概要 2.夫の家事参加の実態と変化

妻がフルタイムで働いている場合、「夫の家事遂行率は、パート、自営業、専業主婦の夫よりも、すべての家事項目でもっとも高い割合を示している」そうです。しかも、ゴミ出し、掃除、洗濯、風呂洗いなど、炊事以外のすべての調査項目において、前回調査を上回っています。

前回調査に比べて、旦那様の家事を分担してくれなくなっているのは、奥様の仕事が「自営業」の場合です。ゴミ出し、掃除、洗濯、炊事、風呂洗いなど、すべての調査項目において、前回調査結果を下回っています。同居する母親の家事負担もそれほど高くないように思えました。

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

« 「認定こども園設置法」成立 | トップページ | 子どもが「いのち」と出会う夏 »

コメント

うーん、データを見て、PCの前で腕組みをしております。そういえば、子どもを多く望む母は、父が協力的だという記事を読んだことがありますが、まさにそうかもしれない。

自分が家事をするなんてこと、思いもよらないっていう夫も多いのでしょうね~、きっと。うちは、わたしが結構とっちらかってキレるので(爆!でも恥ずかしながら事実)しょうがないな~って感じでやってくれますが、結婚当初はな~んもしない夫でした。今は管理職になってしまい、自分の仕事が把握できてない状態らしいので、あんまり平日は早く帰れない、ってのが結構本人、ストレスみたいです。「家事は妻がやるもの」と思い込んでいる人と、「できるならやりたいが、状況的にできない」っていう人ではかな~り、気持ちに差が出てくるのではないでしょうかね??

昨日紙面で同様の記事を読みました。
夫婦の労働時間が仕事・家事に分かれて棒グラフになっていて、共働きと専業主婦の場合との統計が出ていました。サイトで探しても、見つけられなかったんですが・・

我が家では結婚当初こそ共働きだから、と家事を手伝ってくれていたのですが、私が産休で休み始めた頃から次第に家事参加率が下がっています。もちろん、当時よりも残業などが増えて、やってもらっていた食器洗いを旦那が帰ってくるまで待てられない、というのもありますが。
紙面での記事を見ていて思ったのは、家事と会社の仕事を同じ重みで見ると、女性のほうが労働時間が長い!ということ。共働きはもちろん夫婦とも同じ位の労働時間でしたが、専業主婦だって、労働時間は変わらないんですよねー。平均大体10時間~11時間。ほんとに家事を有償の労働と認定したら、24時間365日の休みなしの重労働って事になりますよね・・
個人的には、せめて休日の家事をもっと分担して欲しい!と思ってます~

この記事を書いた時点では、まだ掲載されていなかった、第3回の調査結果へのリンクを追加しました。また、以下に調査結果を見た感想を追加しました。

おそなえ餅1号さん>
コメントありがとうございました。ご指摘のとおりだと思います。この調査結果では、奥様の勤務形態別と年齢別の結果が載っているだけで、旦那様の家事をしない理由については触れられていないのですものね。『「乳幼児の父親についての調査」結果』のように、父親が考える理想と現実をみれると良かったかも。

makiさん>
コメントありがとうございました。第3回の調査結果が国立社会保障・人口問題研究所のWebサイトに掲載されていましたので、記事の中に追記しておきました。見てみてくださいね。
休日の家事を分担してほしいと、私も思います。休日できているのは旦那様だけでは?、なんて思ってしまうことがよくあるので他人事とは思えませんでした(^^; 家事も育児も手伝ってくれるのですが、奥様からみた合格ラインと旦那様からみた合格ラインが結構ずれているんじゃないかな、と思うことがしばしば。そこを理解してもらえたらいいのかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/10462496

この記事へのトラックバック一覧です: 家事しない夫、共働きでも2割:

« 「認定こども園設置法」成立 | トップページ | 子どもが「いのち」と出会う夏 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談