« 出生率と出生数 過去最低 | トップページ | 夏の家族旅行を予約しよう!(1) »

2006年6月 3日

伊藤園、第2子以降の育児手当を増額

子どもの人数が増えると、育児手当が増額する制度が、
伊藤園で導入されたそうです。

育児手当は、第一子の金額が一番高くて、
第二子の金額が第一子よりも低いのが一般的なように思います。
第三子以降が支給対象にならない場合もあります。

今回、伊藤園で導入された制度は、三人目以降も支給対象。
しかも、子どもの人数が増えるにつれて、
第一子5000円、第二子10000円、第三子30000円というふうに
育児手当が増えるのだそうです。

だからといって、三人目の子どもを持つということには
繋がらないかもしれないけれど、
従来、あまり期待できる金額でなかった育児手当が、
30000円といううれしい金額になったことはいいいことかも。

第2子以降の育児手当を増額 伊藤園
 緑茶飲料最大手の伊藤園は2日、社員の育児手当制度を改訂し、子供の人数が増えるにつれ1人あたりの支給額を増額する新制度を5月から導入したことを明らかにした。第2子以降の支給額を増額するケースはめずらしい。少子化対策として注目されそうだ。
 これまで第2子までに限定していた育児手当の支給対象を、新制度では第3子以降にも拡大したほか支給額も増額。第1子に月額5000円、第2子に同1万円、第3子には同3万円を支給する。課長職以下の正社員が対象。
 従来の支給額は第1子が月額3000円、第2子が同1000円。子供が2人の場合、月額4000円だった支給額が、新制度では同1万5000円に引き上げられる。子供が3人だと同4万5000円が支給される。
引用元: Sankei Web 経済 第2子以降の育児手当を増額 伊藤園(06/02 21:01).

« 出生率と出生数 過去最低 | トップページ | 夏の家族旅行を予約しよう!(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/10371601

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤園、第2子以降の育児手当を増額:

« 出生率と出生数 過去最低 | トップページ | 夏の家族旅行を予約しよう!(1) »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談