« まず内面を磨くこと | トップページ | 「新しい少子化対策」 »

2006年6月21日

ドイツのロウソクを灯す夜

P6210122s今日は
100万人のキャンドルナイト』の日。

今回のキャンドルは、
現在開催中のサッカーW杯にちなんで、
ドイツのロウソクを灯してみました!

高校2年生の時に、日本スポーツ少年団の日独同時交流のメンバに選ばれて、当時の西ドイツに行ったことがあります。メンバに選ばれたことは、とてもラッキーなことでした。

P6210113s西ドイツはロウソクが有名なのだときき、お土産に買って持ち帰りました。そのロウソクがまだ残っていたので、今日、灯してみました。ロウソクの台の部分を裏返してみると、しっかりと「W.Germany」と書かれていました(右の写真)。

西ドイツと東ドイツの国境の町で見た、途切れている道と国境の監視棟は、今でも心に残っています。途切れて先がない道の向こうの景色は東ドイツ。国境の監視棟は、国境を越えようとする人がいないかを見張るためのもの。

あれから20年ほどが過ぎ、西も東もなくなっているドイツ。そして今、そこで開かれているサッカーW杯。ホーム・ステイで滞在したホーフ(HOF)という町のサッカーチームと、私がメンバだったグループの男性陣が、サッカーの練習試合をした、なんてこともありました。時の流れを感じました。

今夜、夕食の時間に合わせて灯したロウソク。バースデー・ケーキのロウソクのように、キャンドルの炎を、競い合って吹き消そうとしている子どもたちの横で、ひとり、西ドイツに行ったときのことを思い出していました。

P6210103s P6210110s

このブログの関連記事:

関連情報へのリンク:

『でんきを消して、スローな夜を。 100万人のキャンドルナイト』 『でんきを消して、スローな夜を。 100万人のキャンドルナイト』
マエキタ ミヤコ
100万人のキャンドルナイト 100万人のキャンドルナイト
ブルーオレンジスタジアム

« まず内面を磨くこと | トップページ | 「新しい少子化対策」 »

コメント

はじめまして。
TBありがとうございました。
素敵なキャンドルと、素敵な思い出と、素敵な時を過ごされたのですね。
こちらからもTB送信いたしました。
失敗していなければよいのですが・・・
ではでは。

ハジメマシテ^^
TBありがとうございます!
ドイツの思い出のキャンドル、いいですね♪
こういうイベントで見知らぬ方と繋がりが持てること嬉しく思います^^

フルタイムで働いてらっしゃる、とのこと。
主婦に子育てと忙しいでしょうが頑張ってくださいね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/10624225

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツのロウソクを灯す夜:

» キャンドルナイトしたよ☆ブラジル戦応援! [新・里山暮らしのコーギー犬「バロン」の日々]
昨夜は「100万人のキャンドルナイト」に参加した我が家です。 shunaの手作りのアロマポットにも灯をともし,家族でスロー夜を過ごしました。 いつもと違った夜は意識も変えるものです。 大切な人の幸せを願って,心地... [続きを読む]

» 夏至の夜 [Oneself* revolution]
(クリックで拡大) キャンドルナイト最終日。 ワイングラスならぬ、キャンドルグラ... [続きを読む]

» 100万人のキャンドルナイト [あおもりんくす]
6月21日夏至の今日、全国各地で「100万人のキャンドルナイト」が行われました。 青森県でもいくつかイベントが行われたようです。 みなさん、楽しまれましたか? 私は残念ながら今年はイベントに参加はできませんでしたが、お仕事から帰宅して、こっそり地味にキャンドルナ... [続きを読む]

» 中田英寿現役引退 [toshio10]
nakata.netでのメッセージをみると本気らしい。メッセージ全文載せました。 [続きを読む]

« まず内面を磨くこと | トップページ | 「新しい少子化対策」 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談